【つみたてNISA】2020年版 おすすめ商品ランキングトップ3!

NISA-and-tumitatenisaつみたてNISA

こんにちは!つみたてNISA運用中のあじふらいです。

投資の初心者でも安定した資産を築けるよう、長期にわたり分散・つみたて投資ができる制度として誕生したのが「つみたてNISA」

このつみたてNISAで購入できる商品は全て金融庁が定めた厳しい基準をクリアした、いわゆるお墨付きの商品ばかりです。

ですが、それでも約180もの商品が存在しています。

多すぎてどれを選べばいいか、、

投資初心者がこの中から商品を選ぶのは簡単ではないですよね。

そこで、当記事ではつみたてNISAで選ぶべき商品ベスト3を紹介します!

選んだ理由や、失敗しないためのポイントなどもまとめているので、参考にしてみてください。




 

つみたてNISA商品選びの3つのポイント

あじふらい
あじふらい

ポイントを抑えれば難しくない!

約180もの商品があるつみたてNISAですが、商品選びのポイントを知ってさえいれば実はオススメの商品は限られてきます。

それが以下の3つ。

  1. 負担する手数料が安いこと
  2. 純資産総額が高く、右肩上がりで増えていること
  3. インデックスファンドであること

 

上記以外にも選ぶポイントはありますが、この3つを抑えていればまず問題はないです。

1つずつ説明していきましょう!

1、負担する手数料が安いこと

投資の初心者でも投資のプロに運用を任せることができる投資信託ですが、このつみたてNISAも投資信託に分類されています。

この投資信託は手数料が設定されているのですが、これが「信託報酬」という手数料です。

この信託報酬は年利何%〜と決まった割合で引かれるのですが、これは投資信託を運用している期間引かれる手数料なので、できるだけ安いファンドを選びようにしましょう!

 

なお、上記以外の手数料に購入時手数料と解約時手数料があるのですが、購入時手数料はつみたてNISAにはかかりません!

さらに解約時手数料に関してもつみたてNISAにはかからないものが多く、そこまで気にする必要はないでしょう。

あじふらい
あじふらい

購入時に手数料がかからない商品を「ノーロード」と言うよ!

 

2、純資産総額が高く、右肩上がりで増えていること

「純資産総額」とは、そのファンドの規模を表していて、どれだけお金がつみたてられてきたかが分かります。

この純資産総額が高く、増えているとはどう言うことかというと、そのファンドにお金をつみたてている人が増えているということです。

純資産総額が増えていたらそのファンドは人気があり、大勢の投資家たちが「つみたてる理由がある」と判断されているということになります。

 

jyunsisan

あじふらい
あじふらい

純資産総額が多いほど、信頼されている商品だよ!

 

3、インデックスファンドであること

ファンド選びの最後のポイントが、「インデックスファンド」であるということです。

そもそも投資信託には「インデックスファンド」と「アクティブファンド」があるのですが、インデックスファンドは日経平均株価やNYダウのような特定の指数に連動している投資信託です。

一方アクティブファンドはその指数を上回りする成果を目標としているファンドです。

このインデックスファンドとアクティブファンドですが、勝率を公開しているサイトがあります。

 

SPIVA

(SPIVA STATISTICS & REPORTSより)

SPIVA
Explore the active vs. passive investing debate.

上記の通り、1年間運用すると70・98%の確率で、5年間運用すると80・60%の確率でアクティブファンドはインデックスファンドに負けてしまっています。

確かにつみたてNISAで厳選されているアクティブファンドは優秀なものが多いです。

しかし長期的に見るとインデックスファンドよりも損失が発生しやすいということが分かりますね。

そのため、長期つみたてという観点から見ると統計的にみて平均リターンの高いインデックスファンドを選ぶべきです!

インデックスファンドの方が強いんだね〜




 

つみたてNISAオススメランキングトップ3!

上記のポイントを抑えて、商品のオススメランキングはこのようになりました!

第1位:楽天・全世界株式インデックスファンド

おすすめ商品の第1位は楽天・全世界インデックスファンドです!

投資の初心者の方はこれからどこの国が発展し、どこの企業が伸びるかなんてわからない!という方が多いのではないでしょうか。

しかし、世界という大きな目で見ると今後経済は発展していくと予想できます。

その理由が、世界の人口は増えていくから!!

世界人口推移グラフ

(世界人口推計2019年版 データブックレットより)

上記のグラフでは、世界人口が2100年には110億人になると予想されているのです。

これを踏まえ、全世界の投資可能な市場時価総額の98%以上に投資することができる楽天・全世界株式インデックスファンドを1位としました!

これ1本で全世界にバランスよく投資することができ、さらに運用コストも低いということが特徴といえます。

 

ちなみに、この全世界インデックスファンドには日本企業は含まれていません。

少子高齢化によって日本の人口は今後下がっていくと予想されているので、ちょうどいいですね!

あじふらい
あじふらい

人がいないと経済は発展しない!

 

第2位:eMAXIS Slim 先進国株式インデックス

おすすめ商品の第2位はeMAXIS Slim 先進国株式インデックスです!

このファンドを取り扱っている証券会社はとても多いため、純資産額も988・89億(2020年5月29日時点で)と、右肩上がりに増えています。

1位の商品と似ていますが、これは全世界に投資をするのではなくて先進国のみに投資をする、という特徴を持った商品です。

新興国もこれから発展するという期待が持てるのは確かですが、現時点ではその分リターンが少ない。

そのため、全世界から新興国を除いた先進国に投資をしたい方におすすめできます

さらに、このeMAXIS Slimシリーズですが、「業界最低水準の運用コストを、将来にわたってめざし続けるファンド」と掲げているだけのことはあり、信託報酬というコストにおいてはトップクラスに低い商品です。

 

第3位:eMAXIS Slim 全米株式(S&P500)

第3位はeMAXIS Slim 米国株式(S&P500)です!

第2位のeMAXIS Slim 先進国株式インデックスと同じく運用コストの低いeMAXIS Slim シリーズですが、この特徴は米国の主要株で構成されているS&P500に連動しているインデックスファンドです。

S&P500とは、アメリカの格付け会社スタンダード&プアーズ社(S&P社)が発表している米国の代表的な指数のことを言います。

ちなみにこのS&P500に組み込まれている銘柄の上位10社は世界を代表する企業となっています。

S&P500top

(三菱UFJ国際投信:月次レポートより引用)

 

ですが、一国に投資するなんて分散投資としてはリスクが高いのでは?と思った方もいるでしょう。

しかし、リーマンショックやブラックマンデーなどの数々の苦行を乗り越えてなお、世界で一番経済成長を遂げているのはアメリカなのです。

上記の組み入れ銘柄にもある通り、世界の誰しもが何らかの形で関わっているであろう企業はほとんどがアメリカにあります。

そのため、今後もアメリカの経済が大幅に失速するなんてことは考えづらいでしょう。

あじふらい
あじふらい

経済の中心はアメリカ!

 

おすすめ商品まとめ

いかがでしたでしょうか。

おすすめ商品はこのようになりました。

  1. 楽天・全世界株式インデックスファンド
  2. eMAXIS Slim 先進国株式インデックス
  3. eMAXIS Slim 米国株式(S&P500)

ここまで読んでみるとわかる通り、つみたてNISAの商品選びはポイントさえ押さえていればあまり難しくないことが分かります。

皆に選ばれているインデックスファンドであり、信託報酬(運用コスト)が安いことさえ忘れなければ迷うことはありません。

皆さんも是非、つみたてNISAを始めてみてくださいね!




 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました