この記事怖すぎだろ(笑)やっぱり銀行の窓口で投資商品は買わない方がいい

banker-buyあじふらいの雑談

最近ネットで「投資商品は銀行の窓口で買うな!」というのをよく見かけます。

これについては私は理解していたのですが、最近参考になる例を見つけました。

「退職金2500万のうち2000万投資」68歳独身男性が招かれた「銀行VIPルーム」という密室恐怖

プレジデントオンラインから引用

68歳なのに2000万投資!?

この記事怖すぎるんだが笑

人生100年と言われているとはいえ、68歳なら贅沢に使った方がいいのでは??




記事の内容

まずは記事の内容から。

Bさんは40年間会社で働き、退職金2500万円が振り込まれました。

振り込まれると銀行から連絡があり、「お得な特別キャンペーンがあるから一度支店へお越しください」と誘われます。

銀行へ行ってみるとVIP専用室に案内され、投資商品の勧誘をされます。

もともとBさんは資産運用に興味がありました。

なので営業マンからの提案を聞いてしまいます。

その提案内容がこちら

 

退職金のうち2000万円を半分に分けて1000万円を指定の投資信託に預けるだけでもう半分の1000万円の3カ月定期預金の利率が通常0.002%のところ何と5%になる超お得な商品とのこと。

1000万円の0.002%では税引後およそ50円の利息にしかならないが5%とでは税引後およそ10万円になるという話

 

さらに前のめりにさせたのは、もう半分の投資信託1000万円についてで、これも大評判の好配当株式の毎月分配型商品がお勧めで、その理由が毎月なんと約15万円の分配金が受け取れるとのことだった。

 

あじふらい
あじふらい

これだけ聞くと確かにいい商品ですね

ですが、うまい話には裏がつきもの。

 

しかし、高収益な特別キャンペーン商品に喜んでいられたのはほんのつかの間だった。

毎月15万円だった分配金は半年後には12万円に減り、その1年後には9万円にまで減ってしまった。それどころか、元本自体も当初1000万円だったのが2020年3月には新型コロナショックでおよそ750万円にまで一気に下がり、現在も回復はせずに下位安定してしまっている。

 

また、B氏は気がついていないが、実はこの投資信託の購入時には3.3%の手数料が引かれていて1000万円のうち33万円は最初に差し引かれ、引かれた後の金額から投資が始まっている商品であった。

 

はい、出た〜購入時手数料!

しかも3.3%って、バカ高えな!!

私が運用している商品はノーロード(購入手数料なしのこと)か、高い商品でも運用手数料1.07%のアクティブファンドです。

 

それに68歳の人にも資産運用を勧めるのはさすが日本のバンカーだな、という感じ。

もはや自分の利益しか考えていないんだろうな(笑)




何が怖いか

banker-recommend

これを読んで怖いと感じたことが2つ。

 

  1. 40年間も働いてきたのに悪質な商品だと気がつかないこと
  2. 退職金などのまとまったお金が口座に入ると銀行から勧誘が来ること

 

記事には書いていませんが、購入手数料などの説明は銀行側からされていた可能性もあります。

もし聞いていたのだとしたら、それは知識がないBさんの問題です。

購入手数料が3.3%だとしたら、1000万円を運用したら33万マイナスから始まるということ。

このマイナス分を取り返すのにどれだけ時間がかかることか、、

短期的に儲かる商品は運が良ければあるかもしれません。

ですがそれは放置していいような楽な投資方法ではないです。

投資商品についてはこのことを知っておくべきですね。

 

そして退職金などのまとまったお金が入ると銀行から勧誘が来ることも怖いですね。

もちろん銀行側は預金残高を把握しているでしょう。

ですが、

「この人まとまったお金入ったから勧誘しようぜ!」

みたいな悪質なやり方はほんとせこい。

そのためのVIPルームを作ったと思うとゾッとしますね。

 

こりゃ日本で投資が広まらないわけだ(笑)




私が言いたいこと

私は投資が怖いもの、ということを伝えたいのではありません。

結局何が言いたいかというと、投資の知識は自分でつけようということです。

手数料に気をつけるなんて、すこし勉強すれば誰にでもわかること。

本を読めば大体書いているでしょう。

提案をそのまま受け入れてしまってはダメです。

 

そして「顧客第一のバンカーは少ない」ということを知っておいた方がいいです。

あっちも仕事なので金融商品をお勧めするのは当然。

ですがおすすめするということはその企業が儲かるからであって、真に顧客のことを考えているバンカーは少ない。

半沢直樹のような正直人はごく稀ということです。

 

こうならないように若いうちから小額ずつでも投資に触れてみるのがいいですね。

小額投資は意味があるのか?という議論がありますが、知識をつけるという意味で私はありだと思います。

少なくとも悪質商品にだまされることはなくなるかも。

関連記事

【知っておきたい!】つみたてNISAって何?メリット・デメリットを教えて!
こんにちはあじふらいです! 知っていますか?最近つみたてNISAの口座開設をしている人が急増しているんです。 金融庁の発表によると、2020年12月末時点では302万8259口座となりました。 つみたてNISAと聞...

 

投資は自己責任で

よろしければクリックで応援お願いします↓

にほんブログ村 投資ブログ お金(投資)へブログランキング・にほんブログ村へ




コメント

タイトルとURLをコピーしました