ビットコインは今後も下がる?私だったら買わない理由。

bitcoin投資信託

ビットコインの急落がニュースになってますね。

世界最大級の仮想通貨取引プラットフォームで混乱発生−暗号資産急落

先日もマスク氏の発言で下がっていました。

イーロン・マスク氏の発言でBTC(ビットコイン)は暴落、ETH(イーサリアム)も10%下落

その後、「テスラはビットコインを売っていない」と発言すると、下げ止まる場面もありましたが、、

仮想通貨で遊んでいるのかな?(笑)

そんなビットコインですが、“私だったら買わない理由”について紹介していきます。




記事の内容

まずは記事の内容を見てみましょう。

もともとマスク氏の発言から始まったビットコインの下落。

BTC(ビットコイン)が生み出すマイニング(採掘)と取引が大量の二酸化炭素を出しているため、エコではないとのこと。

「テスラはビットコインを使った車の購入を中止した。ビットコインマイニングと取引における化石燃料使用の急激な増加を懸念している。特に石炭は二酸化炭素の排出量が最も多い。

暗号資産は多くの点で素晴らしいアイデアであり、未来を実現するものだと信じている。だが環境に大きな代償を強いることはできない」

前まで激推ししていたはずですが、、

このツイートを受け、ビットコインは14%も下落しました。

というか、こんな一個人の発言に振り回される資産に投資したくないな(笑)

 

さらに、本日深夜のニュースでは暗号通貨自身ではなく、プラットフォームに問題が発生したために急落。

世界最大級の仮想通貨(暗号資産)取引プラットフォームが19日、混乱に見舞われた。ビットコインからイーサ(イーサリアム)に至る仮想通貨が急落し、巨額の時価総額が消失した。

世界最大の仮想通貨交換業者バイナンスはネットワークの混雑を理由に、イーサの引き出しを一時停止。

イーサの引き出しを一時停止!?

引き出し不可になるとか投資家からしたら怖すぎると思います。




私だったら買わない理由

bitcoin-risk

仮想通貨には2つのリスク、

  • 各国政府からの規制リスク
  • プラットフォームなどの技術リスク

があると思っています。

上記でも述べたように、引き出し不可になるのはプラットフォームのリスクです。

これはビットコイン自体に問題があったわけではありません。

それなのに価格は急落。

仮想通貨ならではのリスクが理由の1つ。

 

そして各国政府からの規制リスク。

これは今後解消する見込みがあるのでしょうか?

すでに円やドルが普及しているのに、わざわざ仮想通貨で支払いする日が来るのか?

先ほどもニュースで中国が仮想通貨の取引に対する制限をしたと発表されていました。

中国は銀行や決済会社が仮想通貨取引に関連するサービスを提供することを禁止した。また18日には、投資家に対して投機的な仮想通貨取引を禁止すると警告した。

うーん。

長期的にみて、世界に普及する気がしません。

私は短期的な投資はギャンブル性が強いと思っているので、長期投資に向いてないなら買わないかなあ。

 

そしてもう1つ。

これは仮想通貨のリスクではないのですが、

ボラティリティ(値動きの幅)が大きすぎる

というのも懸念材料です。

先のツイート通り、1企業の発言1つで大きく価格が変わってしまう。

中国が規制を発表した時は一時30%も下落しました。

これ、もし私がビットコインに投資していたら気が気じゃないですよ(笑)

私は心穏やかに生きたい人間なので、ここまで値動きが激しいと疲れてしまいます。

 

まとめ

このようなニュースを見ると、今後の仮想通貨はあまり伸びないのでは?と感じました。

というか仮想通貨なのに現実で環境汚染が起こるんですね。

すごい世界だなあ。

それにしても、ビットコインが株式市場をかき回すのはやめて欲しいと思います。

 

暴落を買い時と見るかはあなた次第です

よろしければクリックで応援お願いします↓

にほんブログ村 投資ブログ お金(投資)へブログランキング・にほんブログ村へ




コメント

タイトルとURLをコピーしました