あなたは大学に行くべきか。奨学金を借りてまで行く意味はあるの?

college-necessaryあじふらいの雑談

こんにちは!あじふらい(@ajifri_blog)です。

突然ですが。私は地方公立大学を卒業した、大した学歴のない一般人です。

ですが、高校生の頃は悩んでいましたよとても。

大学へ行くべきかと。

行くとしてもどんな大学へ?何を勉強しに?

将来やりたいことなんかなかったんですね。。

さて、高校生の皆さん。あなたは大学に行くべきか悩んでいませんか?

ネットで調べてみると、

「大学には行くべきだ!」

「いや、これからの時代は大学に行く必要はない!」

「行きたい大学によるのでは??」

などの議論がたくさん行われています。

 

そこで今回は大学に行こうかどうか悩んでいる人へ知っておいてほしいことを書きました。

「とりあえず大学に行っておくか」と思っている人は是非読んでみてください。




大学に行く前の前提として

大学に行こうか悩んでいるあなたにまず考えてほしいことがこの2つ!

1つ目:奨学金という借金

大学へ行く人は、結構な割合で「奨学金」を借りていきますよね。

日本学生支援機構の「平成30年度 学生生活調査」によると、大学へ進学する人の約半数が奨学金を借りて進学しています。

あじふらい
あじふらい

私もその1人です(笑)

進学したい大学にもよりますが、4年間の大体の学費はこの通り

  • 国公立大学:250万円ほど
  • 私立大学:400万円ほど
はてなさん
はてなさん

私立大学高過ぎでは!?

はっきり言ってコスパ悪すぎ!とは思います。

奨学金には無利息の第一種奨学金と、利息ありの第二種奨学金があります。

第一種奨学金の場合、借りれる額は20,000〜64,000円、第二種奨学金の場合は20,000〜120,000円と幅広いですね。(金額は選ぶことができます)

利息は0.01%〜3%とそこまで高くはありませんが、もし月10万円以上借りていた場合、かなりの負担になりますよ。

 

この奨学金は大学卒業後、月々数万円の借金としてのしかかってきます。

ですが新卒の初任給はそこまで高くありません。

その給料で月々の返済はかなりきついと思っていたほうがいいです。

奨学金を借りて大学へ行く人はそれなりの覚悟を持って行きましょうね。

あじふらい
あじふらい

私は月々15,000円ずつ返しています。

 

2つ目:今の時代、そもそも大学に行かなくても勉強はできる

大学がなんのためにあるか知っていますか?

はい、もちろん勉強するためですね。

ですが、インターネットが普及している今の時代、わざわざ大学へ行かなくとも勉強は可能です。

もちろん独学で勉強しないといけない分、努力は必要です。

ですがスタディサプリを使えば在宅で勉強できますし、youtubeを使うだけで無料学習も可能です。

 

コロナ禍の現在、ほぼ全ての大学がリモート授業になっていますよね。

東京大学では、90%以上の学生がオンライン授業に満足しているという数値が出ているらしいですよ。

東京大学で受けれる授業を独学で勉強するのはかなり難しいので、大学へ行く必要があるとは思うのですが、在宅でも勉強できるという証明にはなっているようです。

「オンライン授業だと直接質問ができないじゃないか!」という学生がいるようですが、はっきり言って対面授業になったところで質問する大学生なんてほぼいないと思います。

↑私の主観なので気にしないでね(笑)




大学に行くべき人

college

それでは、どんな人が大学へ行くべきなのでしょうか。

大学卒業という学歴が欲しい人は行くべき

はっきり言って、大学生のほとんどが「やりたいことがあるからその大学に行くんだ!」という人ではないと思います。

それでも大学を卒業していなければ入社できない企業はたくさんあります。

最近は大企業の価値も下がってきているという言葉をよく聞きますが、企業に就職せずに幸せになれるほど有能な人はそこまで多くないはず。

だから一般人が将来幸せになれる確率が高いのは企業に就職することかな〜と思いますね。

あじふらい
あじふらい

学歴不要の社会は来るかもしれないけど、少なくとも今じゃないかな!

 

そこでしか学べない専門的な大学なら行くべき

美術系の大学やそこでしか学べない専門的な大学なら迷わず行くべきです。

美術系の大学は家では作品を作れないでしょうし、そこにしかない設備もあるので、進学しない選択肢はありません。

いや、そういう人はそもそも迷ってすらいませんよね。すみません。

大学卒業はこんな時に役に立つ

それでは大学卒業という学歴はどんな時に役立つでしょうか。

1つだけ確実に役立つ時があります。それが就職・転職です。

これは上記で書いた【大学卒業という学歴が欲しい人は行くべき】と関連しますね。

コロナ禍の今だからこそ言えますが、飲食業や宿泊業で働いている人は現在、かなりきついと思います。

もし今まで飲食一本で働いていた人がさて転職するか!と思っても働き口に迷いませんか?

そんな時、大学卒業という学歴を持っている人は働き口が広いです。

大学卒業でないと面接すら受けれない企業がありますし、就けない職種があるのは事実です。

そして学歴重視の社会は今後も続くと思います。

何か困った時、将来の選択肢を広げるという意味でも大卒は役立つでしょう!

 

結論:私は大学を卒業してよかったと思っている

最後に個人の感想になってしまいますが、私は奨学金を借りてでも大学を卒業してよかったなと思っています。

大学を卒業したからこそ、良い会社に就職できたし、たくさんお給料をもらうこともできました。

大学に行かなくてもいい人は、ごく一部の有能な人だけ。

その他大勢の一般人は行ったほうがいいに決まってます。(Fラン大学や3流大学は除く)

 

確かに学歴ではその人が仕事できるかどうかは分かりません。

ですが、そもそも大学卒でないと就職できない会社があることも、大学卒の方が高卒よりも給料が高いことも事実です。

そしてこの学歴重視社会は今後も続くと思います。(私の予想ですが)

なので、将来やりたいこともなくて、私は凡人だ、と思うならとりあえず大学は行くべきです。

そもそも大学卒でないと、やりたいことが見つかった後で後悔するかもしれませんよ。

悩んでいる高校生たちの助けになれば幸いです。

それではまた!




コメント

タイトルとURLをコピーしました