一般人がファイナンシャルプランナーを学ぶべき理由は?取得して分かったメリットを紹介

fp-merit-stairs生活情報

こんにちは!あじふらい(@ajifri_blog)です。

みなさんはファイナンシャルプランナーという資格を知っていますか?

私は大学生時代にFP3級(ファイナンシャル・プランニング技能士3級)を取得しました。

おいおい3級かよ、、

と思わずに聞いてください(笑)

今思うと、ファイナンシャルプランナーは取得して良かった資格だと思っています。

当記事では私・あじふらいが、「誰もがFP資格を取るべきだ!」と思う理由と、取って分かったメリットを紹介しようと思います!




 

FP(ファイナンシャルプランナー)とは

fainancial-planner

まず、ファイナンシャルプランナーとはどんな資格なのかを説明していきます。

ファイナンシャルプランナーとは、ファイナンシャルプランニング(人生の目標を叶えるために経済的な側面から計画を立てること)をサポートする専門家のことです。

ファイナンシャルプランナーが学ぶ知識の中には、税金・投資・不動産・住宅ローン・老後・相続など、様々なお金の分野について学びます。

ファイナンシャルプランナーは1級・2級・3級まであり、全て「国家資格」です。

あじふらい
あじふらい

いわばお金のプロですね!

この1〜3級のFP資格は一度取得すると一生有効です。

 

FP資格には種類があり、一般的な1〜3級のFP技能士以外にもAFP・CFPという民間資格もあります。

この民間資格については今はそれほど重要ではないので、説明を省きますね。

 

ちなみに私がFPを取得しようと思った理由は、好きなアニメキャラの肩書きがFPだったからです!

知っている人もいるかもしれませんがデュラララに出てくる折原臨也さんですね。

動機が不純ですが、なんにせよ取って良かったです。

あじふらい
あじふらい

今思うと恥ずかしいね(笑)

…話を元に戻しましょう。

 

FPを取得して分かったメリット

はてなさん
はてなさん

でも私の仕事はお金を動かす仕事じゃないからFPはいらないなあ

あじふらい
あじふらい

ちょっと待った!!

FPは一般人でも勉強するだけで生活に役立つメリットがたくさんありますよ。

メリット1:資産運用の知識が身につく

私がFPを取得して1番良かったなと思うことは、「資産運用の知識が身につく」ということです。

ここで1つ問題を。

・1万円を複利5%で運用したら、5年後にはいくらになっているでしょうか?

これはとっても簡単な計算問題です。

しかし、金融について知らなければ「複利って何??」というところから始まってしまうのです。

答えは12,752円

FPを勉強した人なら、金融資産運用についても学びます。

そして「銀行にお金を預けているだけではもったいないのでは??」と思うようになってきます。

私が資産運用を始めたきっかけはFPを勉強し、NISAという制度があることを知ったからです。

誰もが資産運用の大切さに気づくはずですよ。

↓複利の詳細については下記記事をご覧ください↓

複利の効果とは?コロナ時でもつみたてNISAを続けるべき理由を紹介!
つみたてNISAは投資初心者でも簡単に資産運用可能な制度です。 しかし、新型コロナの影響で評価額が下がってしまい先行きが不安だ、という方も多いのではないでしょうか。 ですが、つみたてNISAにはコロナの影響を受けていても続けるべ...

 

メリット2:給付金や控除制度を活用できる

2つ目は「給付金や控除制度を活用できる」ということです。

意外と知らない人が多いのが、世の中には申請することでお金をもらえたり、あるいは毎月の支出を減らす制度がたくさんあるということ。

それが失業給付金や医療費控除などです。

しかしこれは申請しなければもらうことができないため、知らないだけで損をしてしまいます。

FP資格を勉強すると制度についても学ぶ機会があり、生活に役立てることができますよ!

あじふらい
あじふらい

コロナ禍の今だからこそ役立つ知識かもしれませんね!




メリット3:将来のライフプランを見直し、家計管理ができる

3つ目のメリットは「ライフプランを見直して家計管理ができること」です。

生活をしていく上で、人生の3大資金と言われるものがあります。

それが「住宅資金・教育資金・老後資金」です。

この資金を貯めるためにはざっくりとした計画や大まかな目標ではうまくいきません。

ライフイベント表やキャッシュフロー表を使っていつまでに・どれくらいといった具体的な目標を立てることが大切です。

FP資格の中には「ライフプランニングと資金計画」という項目があります。

これを勉強することにより、漠然とした不安を消して無駄なく将来に備えることができます。

 

FP資格ではどうにもできないこと

ここまでメリットを紹介していましたが、FP資格を持っていてもどうにもできないことを紹介します。

あじふらい
あじふらい

FPさえあればなんでもできるわけではないよ!

①収入は上がらない

FP資格を持っていたとしても、それがあなたの収入に直結するかと言えば全くそんなことはありません。

それどころか会社によっては入社後にFP資格を取らされることもあります。

持っていて普通、の資格になりつつあるのです。

 

FP資格と違い、宅地建物取引士や税理士などは保有しているだけで収入に関わってきます。

私が働いていた不動産会社でも、宅地建物取引士を持っているだけで月収3万円プラスでした。

 

あじふらい
あじふらい

あまり評価の対象にならないんだね

 

②就職・転職に役立たない

interview-test

FP資格を持っていたとしても、それが就職や転職で優位になるかと言えば、そんなことはありません。

先ほども言ったように、FP資格は入社後に取らされるケースもあり、簡単に取得することができるのです。

(1級とかは別ですが)

だれでも取得できる資格が、就職で優位に働くわけないですよね。

 

FP資格よりは他の資格の方が就職で有利になります。

宅地建物取引士を持っていたら不動産業界で有利になるでしょうし、TOEICをもっていたらホテルスタッフや空港勤務で評価されるでしょう。

簿記なんかは金融業界では必須の資格なので、進みたい職種によっては優位になるはずです。

それぞれ実務で使う機会があるからこそ、これらの資格は意味を持ちます。

あじふらい
あじふらい

FPを持っていても仕事で活かせるとは限らないんだね

 

あくまでFP資格は知識を身につけることを目標にしていることを忘れないでくださいね。




 

まとめ:持っていないよりは取得したほうがいい

それでも、FPを勉強しているうちに自分の進みたい業種が見えてくるかもしれません。

FPは勉強する範囲がとても広いため、まだやりたいことが見つかっていないあなたはとりあえず取得するだけでも損はありません。

あじふらい
あじふらい

FP3級なら1ヶ月ほど勉強すれば誰でも取れる資格ですよ!

 

FP2級ともなればきちんと勉強しなければならないし、合格率は30%〜40%と言われています。

もし仕事で活かす機会がなくても取得するだけでお金の知識がつくので、時間がある大学生などにおすすめの資格ですね!

一般常識を身につけるためにも、ぜひ取得してみてくださいね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました