ひふみプラスとeMAXIS Slim米国株式 成績が良かったのはどっち?【8ヶ月後の評価額】

ひふみプラスと米国株式投資信託

こんにちは。あじふらい(@ajifri_blog)です。

日本国内を主な投資対象にしているひふみプラス

米国を投資対象としているeMAXIS Slim 米国株式(S&P500)

この2つに同時に投資したら成績がいいのはどちらなのか。

今回はその8ヶ月後の成績報告です。

先月はやっとひふみプラスがマイナスから脱していました。

今月はどうなっているでしょうか。

あじふらい
あじふらい

早速見てみよう!

 

先月の成績報告はこちらから↓

ひふみプラスとeMAXIS Slim米国株式 成績が良かったのはどっち?【7ヶ月後の評価額】
インデックスファンドとして有名なeMAXIS Slim 米国株式(S&P500)。 そしてアクティブファンドとして有名なひふみプラス。 一般的にはインデックスファンドの方がアクティブファンドよりも成績がいいと言われていま...




8ヶ月後の成績比較

※同日に同額ずつつみたてています。

 

・ひふみプラス

2021/08/02の評価額:40,383円

投資額合計:40,000円

損益率:+383円(+0.95%)

 

・eMAXIS Slim 米国株式(S&P500)

2021/08/02の評価額:45,585円

投資額合計:40,000円

損益率:+5,585円(+13.96%)

 

hihumi-hyoukagaku-eight

 

あじふらい
あじふらい

ついに、、両者の差が5,000円以上ついてしまったあああ

しかもひふみプラスは前回の損益率:+752円(+2.14%)よりも下がってるし…

いや、eMAXIS Slim 米国株式(S&P500)も先月は損益率:+5,167円(+14.76%)だから下がっているのか。

でも投資額が増えているのに先月よりリターンが下がるひふみプラス大丈夫かおい(笑)

毎月この成績公開記事を書いていますが、じわじわと差が開いていきますね。

この成績からも、初心者におすすめできる商品はどれかと聞かれたら、

「eMAXIS Slim 米国株式(S&P500)」

と私なら答えるでしょう。

 

1日ごとの評価額はこちら

hyoukagaku-grahu

先月7/1時点での差は4,415円でしたが、今回は5,202円でした。

あじふらい
あじふらい

この差が縮まる日は来るのか…




2021年7月の値動き

今回の値動きの要因を見ていきましょう。

・米国経済について

米国市場は7月中旬にデルタ株の流行を懸念してガクっと株価を落とす場面がありました。

その影響で7/19のNYダウでも725ドル安となるなど、今年最大の下げ幅を記録しました。

それが上記グラフでもわかるように7/20の値下がりに表れています。

しかし4-6月の好決算を発表する企業が多かったことや※1、米連邦準備制度理事会(FRB)による量的緩和が早期縮小するのでは、という観測が後退したことが影響し、7月後半にかけて株価は上昇しました。

※1:アルファベット(googleの親会社)やApple、Microsoftなど

好決算の影響で米主要3指数はどれも過去最高値を更新!

米国株またも最高値、ハイテク銘柄が押し上げ-ドル下落

この日、S&P500は4422.30となりました。

7月は全体的にみると底堅い動きだったように思います。

 

・日本経済はというと

一方、日経平均はというと7月は1,500円の値下がりとなったようです。

この値下がりは1年4ヶ月ぶりの大きさとなりました。

原因としてはデルタ株による再流行の恐れや、無観客開催となったオリンピック、延長された緊急事態宣言など、まだまだコロナウイルスによる影響が大きいようです。

また、中国での規制強化の動きが相次いだ影響もあります。

 

8ヶ月後の評価額まとめ

8ヶ月目の成績を紹介しました!

ついに両者の差が5,000円に開いてしまったことに驚きです。

ですが米国経済も景気のピークを超えた感があるので、まだまだ今後差を縮めることはできるのではないでしょうか。

あじふらい
あじふらい

それではまた来月!

 

よろしければクリックで応援お願いします↓

にほんブログ村 投資ブログ お金(投資)へブログランキング・にほんブログ村へ




コメント

タイトルとURLをコピーしました