ひふみプラスとeMAXIS Slim米国株式 成績が良かったのはどっち?【5ヶ月後の評価額】

投資信託

こんにちは。あじふらい(@ajifri_blog)です。

私は投資信託でひふみプラスとeMAXIS Slim 米国株式(S&P500)をつみたてています。

インデックスファンドであるeMAXIS Slim 米国株式(S&P500)とアクティブファンドであるひふみプラス。

どちらを購入すべきか迷っている方も多いかと思います。

今回はそんな方達のために、購入して5ヶ月後の運用成績を公開します!

あじふらい
あじふらい

参考にしてみてくださいね!

 

先月の運用成績はこちら↓

ひふみプラスとeMAXIS Slim米国株式 成績が良かったのはどっち?【4ヶ月後の評価額】
こんにちは!あじふらい(@ajifri_blog)です。 今回はひふみプラスとeMAXIS Slim 米国株式(S&P500)の4ヶ月後の評価額を公開します! アクティブファンドであるひふみプラスとインデックスファンドで...




両者の成績比較

※同日に同額ずつ積み立てております。

 

・ひふみプラス

2021/05/06の評価額:25,164円

投資額合計:25,000円

損益率:+164円(+0.65%)

 

・eMAXIS Slim 米国株式(S&P500)

2021/05/06の評価額:28,352円

投資額合計:25,000円

損益率:+3,352円(+13.40%)

 

may-hihumi-emaxis

 

おいいいい!

ひふみプラス調子悪すぎでしょ(笑)

損益率0.65%て。

先月の損益率が+3.89%だったので、結構下がったことになりますね。

いや、そこまで変わらないか。

 

それに比べてeMAXIS Slim 米国株式(S&P500)は順調です。

損益率も先月が+12.18%だったので、微増ということになります。

つみたてて5ヶ月間。

確認したら、eMAXIS Slim 米国株式(S&P500)だけは一度も下がることなく資産を伸ばし続けていました。

これが「投資するなら米国株に!」と言われる原因なのか??

 

1日ごとの評価額はこちら

hyoukagaku-may-gurah

こうしてグラフにするとわかりますが、差がだんだんと開いてきました。

最終日(5/6)には3,000円以上差がありますね。

今後この差が縮まることはあるのだろうか。




2021年4月の値動き

ここからは値動きの要因について確認します。

・米国経済について

4月のアメリカ経済はコロナワクチンの普及を背景に、「復活した」との見方が広がっています。

記事によると、ISMが4/1に発表した米製造業指数は37年ぶりに高水準となったようです。

ワクチンの普及で家庭と企業の需要が増えたことを示していますね。

コロナの影響をダイレクトに受けたサービス業でも回復が見られました。

サービス業の景気を測るISM非製造業指数が63.7と、過去最高を記録したようです。

新築住宅販売件数も前月比20.7%増と、市場予想の12.0%を上回りました。記事参照

一年前なら考えられない数字だな(笑)

 

・日本経済について

皆さんも知っての通り、日本ではワクチンの普及も時間がかかり、緊急事態宣言も再出されました。

この影響が大きく、4/21には日経平均が大幅に続落し、1ヶ月ぶりの安値となりました。

日経平均続落、終値591円安の2万8508円 1カ月ぶり安値
21日の東京株式市場で日経平均株価は大幅続落し、前日比591円83銭(2・03%)安の2万8508円55銭と、2万9000円の節目を下回り、3月24日(2万8405円)以来およそ1カ月ぶりの安値を付けた。下げ幅は3月22日(617円)以来の大きさ。新型コロナウイルスの世界的な感染拡大に歯止めがかからず、投資家が運用リス...

新型コロナウイルスがインドや新興国を中心に広まっていることも原因の1つでしょう。

4月には日米首脳会談もありましたね。

ここで中国を牽制する発言をしたことで、対中関係の不透明さがリスク回避につながったという見方があります。

 

ワクチンが普及しているアメリカと違って、日本はまだコロナを想定に入れた市場を予想しなければならなそうですね。

5ヶ月目まとめ

5ヶ月目は好調な米国経済と、なかなかコロナがおさまらない日本経済の差を見せつけられたような気がします。

しかも緊急事態宣言5月末まで延長された、、

これは来月も差が広がっていそうですね。

 

というか米国株が順調すぎて怖い(笑)

よろしければクリックで応援お願いします↓

にほんブログ村 投資ブログ お金(投資)へブログランキング・にほんブログ村へ




コメント

タイトルとURLをコピーしました