ひふみプラスとeMAXIS Slim米国株式 成績が良かったのはどっち?【4ヶ月後の評価額】

投資信託

こんにちは!あじふらい(@ajifri_blog)です。

今回はひふみプラスとeMAXIS Slim 米国株式(S&P500)の4ヶ月後の評価額を公開します!

アクティブファンドであるひふみプラスとインデックスファンドであるeMAXIS Slim 米国株式(S&P500)。

どちらを選べば良いか迷っている方もいると思います。

今回はそんな方に向けてリアルな運用成績を公開するので、参考にしてみてくださいね!

 

先月の運用成績はこちらから↓

ひふみプラスとeMAXIS Slim米国株式 成績が良かったのはどっち?【3ヶ月後の評価額】
こんにちは。あじふらい(@ajifri_blog)です。 今回はひふみプラスとeMAXIS Slim 米国株式(S&P500)、3ヶ月後の評価額を公開します。 楽天証券ではどちらも人気のファンドですが、主に国内が投資対象...




2つの成績比較

※同日に同額ずつ積み立てております。

 

・ひふみプラス

2021/04/01の評価額:20,779円

投資額合計:20,000円

損益率:+779円(+3.89%)

ひふみプラス評価額

 

・eMAXIS Slim 米国株式(S&P500)

2021/04/01の評価額:22,436円

投資額合計:20,000円

損益率:+2,436円(+12.18%)

emaxis評価額

 

4/1の評価額のスクショを撮り忘れたので上記画像でなにとぞお許しをm(_ _)m

 

どちらも損益率かなり伸びました!

ひふみプラスは先月が+0.14%だったので3.75%上昇。

eMAXIS Slim 米国株式(S&P500)は先月+5.26%なので6.92%上昇しました。

 

1日ごとの評価額はこちら!

評価額グラフ4ヶ月目

1,000円以上差が広がってきましたね(笑)

一般的には、初心者はインデックスファンドを選ぶのが無難と言われています。

その理由がアクティブファンドはインデックスファンドよりも成績が劣るものが多いから。

私の成績も同様、運用開始からまだ4ヶ月ですが、これまで全てeMAXIS Slim 米国株式(S&P500)の成績が上回っています。

これがインデックスファンドがおすすめされる理由なのかもしれません。

いや、これから長期間つみたてていると変わってくるのかな??




2021年3月 株価の値動き

3月は金利の上昇がなんやかんやと言われていましたが、月末には上昇して終えていました。

経済対策やワクチンの普及が見込まれてNYダウ、S&P500は堅調に伸びていましたね。

しかし金利の上昇に伴ってハイテク株が売られたため、ナスダックは株価を下げて終えていました。

その他は雇用者数の増加・失業率の改善は好材料、FRB(米連邦準備制度理事会)のパウエル議長が「長期金利に関して介入を考えていない」と発言したことは悪材料だったと言えます。

全体的にまとめると株価はなだらかに上昇していて、そこまで特筆すべき動きがなかった月だったということですね。

 

さて日経平均はどうだったかというと、「ETF買い付けをTOPIX銘柄に限定する」ということが決まった途端に急落。

3月24日までの4日間で1,800円近い値下がりとなりました。

なのでひふみプラスも3月24日にかけて急落していたんですね。

 

2021年3月まとめ

と、いうことで3月も順調に伸びていました。

ですが時が経つにつれて差が開いているのは事実ですね。

やっぱりインデックスの方が強いのかな??

これからも淡々とつみたてていこうと思います!

 

よろしければクリックで応援お願いします↓

にほんブログ村 投資ブログ お金(投資)へブログランキング・にほんブログ村へ




コメント

タイトルとURLをコピーしました