インフレ・デフレ時に適している投資は何か?

inflation-price投資信託

私は投資信託でつみたて投資をしているのですが、投資の知識や商品選びの基準などは完全に独学です。

投資について勉強していると、よくインフレ・デフレについて紹介されています。

インフレデフレ?そんなの理解してるよ笑

と思っていたのですが、それではデフレ時に適している投資が何かわかりますか?

答えれなかったそこのあなた。

私と一緒に勉強していきましょう(笑)

ということで今回はインフレ・デフレについて紹介していきます。




インフレ・デフレとは

証券会社えらび

インフレ・デフレは私たちの生活に大きな影響を与えています。

その理由の1つが物価です。

インフレとはモノの値段が上がり、通貨の価値が下がっていることを指します。

※例:りんご1個50円→翌日100円に

逆にデフレはモノの値段が下がり、通貨の価値は上がっていることです。

※例:りんご100円→翌月50円に

 

それぞれのメリットデメリットはこちら

インフレーション
メリットデメリット
・景気が良くなる

・給料が増える

・株価上昇

・モノの値段が上がる

・現金、預貯金の価値が下がる

 

デフレーション
メリットデメリット
・モノの値段が下がる・景気が悪くなる

・給料が下がる

・失業者増

・株価下落

 




デフレになるとどうなるか

はてなさん
はてなさん

デフレはモノの値段が下がるのか!ならデフレの方がいいじゃん??

と思う人も多いでしょうが、全然良くありません。むしろ逆です。

モノの値段が下がるのは買い物時はいいかもしれませんが、それは企業の利益も下がるということです。

企業の利益が下がるとそこで働く従業員の給料も下がりますよね?

下手すると失業なんてことも。。

そうなると人々はもっと安い値段を求めるようになり、企業も期待に応えるため、価格を下げざるを得ません。

この悪循環を「デフレスパイラル」と言います。

 

一方インフレはどうかというと、モノの価格が上がっているので企業の利益も増え、従業員の給料も増えます。

そうなると消費行動も盛んになり、より一層経済が回るということです。

インフレは景気にプラスに働くということですね!




インフレ・デフレ時に適している投資はなに?

説明した通りインフレ時は企業の利益が上がるので、株価は上がると考えて良いです。

加えて不動産を購入する人も増えるため、不動産投資・REITも適している商品と言えます。

 

それではデフレ時はどうでしょう?

デフレ時に適している商品は「債券」への投資です。

債券の価格は金利で決まります。

そして金利が下がると債券価格は上昇するのです。

まとめるとこんな感じ。

インフレ時デフレ時
・株式投資

・不動産投資・REIT

・投資信託

・外貨預金

・債券

・預貯金

 

まとめ

インフレ・デフレ時に適している投資は違うということがわかりました。

コロナショックのような出来事は今後も必ず起きます。

その時のために、インフレ時に強い投資だけではなく、債券も組み入れたポートフォリオにしておくと被害を抑えることができるかもしれませんね。

 

分散投資こそ最強の投資

よろしければクリックで応援お願いします↓

にほんブログ村 投資ブログ お金(投資)へブログランキング・にほんブログ村へ




コメント

タイトルとURLをコピーしました