【徹底比較】賃貸と持ち家はどちらを選ぶべきか。メリットを比べて考えよう!

house-condominium生活情報

私・あじふらいは転職する前は不動産の営業をしていました。

そして不動産に関わっている人なら誰もが一度は聞かれたことがある質問。

それが、

「結局賃貸と持ち家、結局どっちを選べばいいの?」

という質問です。

 

あじふらい
あじふらい

たぶん5億回は聞かれたかな(笑)

 

私はその時、必ずこう答えていました。

「どちらにもメリットデメリットがあるので一概には言えません。メリットを比較して、どちらが自分の生活スタイルに合っているかで決めてみたらどうでしょう」

今回はよく論争される賃貸・持ち家論争について元不動産営業マンの私がお答えしようと思います。




持ち家のメリットとデメリット

manshon

それでは持ち家のメリット・デメリットを紹介していきます!

持ち家のメリット

メリットは主に5つあります。

  1. 住宅ローン完済後は老後に家賃を支払い続ける必要がない
  2. リフォーム、家庭菜園・ガーデニングができる
  3. 賃貸に出したり売却、もしくは子供に相続できる(資産になる)
  4. 駐車場代がかからない
  5. 万が一の時、「団体信用生命保険」でローンが完済される

 

1番のメリットはなんと言ってもローン完済後に家賃を支払い続ける必要がないことです。

修繕費や固定資産税という支出はありますが、毎月の家賃を支払うよりはずっと安い金額です。

完済までは長いですが、それでも老後の家賃の心配をしなくていいのは大きなメリットと言えますね。

 

また、好きなようにリフォームやガーデニングができるのも持ち家の強みです。

賃貸では家を好きなように改修することはできません。

また、賃貸マンションやアパートには基本的に自分たちの庭がないため、ガーデニングを楽しみたいという人には持ち家がおすすめです。

 

ここは後ほど詳細を記載しますが、持ち家はローン完済後に資産になることもメリットです。

建物自体は年数が経つと劣化が目立ちますが、土地自体は劣化がありません。

なので子供に財産として残したり、建物だけ壊して一から立て直すことも可能です。

 

住宅ローンを契約する際に「団体信用生命保険」に加入することができます。

団体信用生命保険とは、ローン支払い者が亡くなった、もしくは高度障害となってしまった場合に保険会社がローンの残額を全額支払うというものです。

そのため、万が一の時に家族に不動産を残すことができることも安心ですね。

 

持ち家のデメリット

メリットがたくさんある持ち家ですが、ここからはデメリットも紹介します。

  1. 簡単に引越しできない(住む場所を変えることができない)
  2. ローンの負担が大きい
  3. メンテナンス費用・固定資産税がかかる

 

持ち家の最大のデメリットは簡単に引っ越しすることができないことでしょう。

もし仕事が転勤になったとしても、賃貸なら引っ越しすればいいですが持ち家だとそうはいきません。

また、最近多い異常気象等の災害で、建てた土地が水害に弱いことが後から判明したとしても、場所を変えることはできないのです。

この、「住む場所を場所を変えることができない」というのはかなりのデメリットだと思います。

災害だけではありません。

隣人トラブルがあったとしても、そこから引っ越すことは容易ではありません。

持ち家をえらぶ際は、「隣人とその地域を丸ごと買う」つもりで購入した方がいいかもしれませんね。

 

また、住宅ローンは一生の中で最高額の買い物です。

毎月の収支を減らしたいなら頭金を多く出さなければなりませんし、長期負債となるのでもし途中で収入が減ってしまったとしても支払いを続ける必要があります。

賃貸ならもし収入が減った場合、もう少し家賃が低い家に引っ越せばいいだけですが、ローンだとそうはいきません。

去年はコロナ禍で収入が減ってしまった業界もたくさんあると思います。

例えば旅行業会、航空業界、飲食業界など。

これらの業界も、2019年には順調だったはずです。

それなのにたった1年でここまで業績が落ち込んでしまうなら、35年ローンで家を購入しても予定通りに支払い続けれるかはわかりませんよね。

自分の収入や貯金額に見合った返済計画をたててローンを組むようにしましょう。

 

最後に、メンテナンス費用・固定資産税などは賃貸にはない費用です(賃貸も管理費がかかる)。

長く住んでいるとメンテナンス費用は必ずかかってしまうもの。

固定資産税・都市計画税も年に1回の支払いですが、忘れないよう要注意です。




持ち家は本当に資産になるのか?

sisan-hudousan

さて、ここで最近よく話題になっている持ち家は資産になるのか?という議論について紹介しようと思います。

持ち家派のほとんどは、家賃をずっと払い続けるよりも購入し、ローン完済後に資産にしたいと言います。

確かに、ローン完済後に家は資産となっているでしょう。

賃貸に出して家賃収入を得ることも可能ですし、まとまった資金を得たい場合は売却することも可能です。

そもそもずっとその家に住むのであれば、賃貸にかかる家賃を払い続ける必要がありません。(固定資産税・都市計画税は払う必要があるが、家賃に比べるとずっと安い)

 

ですが、ローン完済後に資産になっているとしても、それは購入時よりだいぶ価値は下がっています。

なぜなら住宅ローンは35年という長期で組むものであり、35年後にその家がどうなっているかは誰にも想像がつきません。

想像がついたとしても、現在と同じようにピカピカで真新しい雰囲気ではないことは明らかです。

都心の一等地であるならまだしも、田舎に建てた物件であれば資産価値は確実に下がると思って良いです。

また、先ほども書きましたがこのコロナ禍で収入が下がった、もしくは職を失った人は多数います。

ずっと健康にローンを払い続けられる保証はありません。

もし収入が下がってしまった場合、完済するまで家は資産ではなくただの負債であると覚えておきましょう。

 

資産価値で最近語られがちなのは異常気象もあります。

2019年は台風被害で武蔵小杉のタワーマンションが被害を受けました。

あじふらい
あじふらい

エレベーターが止まったり下水が逆流したりなどの衝撃的な映像が流れていましたね。

タワマン最強説はあの一件で完全に崩れてしまいました。

現在、武蔵小杉のタワーマンションの価値はそこまで下落していませんが、人気がなくなったのは事実です。

コロナ不況の波もこれからやってくると考えると、じわじわと資産価値は下がっていくのでは、と私は思います。

つまり何が言いたいかというと、今後35年間で何が起こるかは誰にも予想がつかないのです。

住宅ローンを支払い続ける間、どんな苦労があってもこの家が欲しいんだ!という固い意志があるのであれば賃貸よりも購入してしまった方が良いでしょう。

 

※上記はあくまで持ち家を資産として考えている場合です。そもそも資産として考えていないよ!という方には当てはまらないのでご注意を。

 

賃貸のメリットとデメリット

condominium

それでは賃貸のメリット・デメリットを紹介しましょう!

賃貸のメリット

  1. ライフスタイルに合わせて引越しが可能
  2. 土地や家賃の下落リスクを気にしなくてもいい
  3. 自分でメンテナンスをする必要がない

賃貸の1番のメリットはやはりライフスタイルに合わせて引っ越しができることです。

出産により子供が増えれば部屋数が多い間取りを選べばいいし、転勤の際も容易に引っ越すことが可能です。

そのため、飽き性の人や同じ場所にずっととどまるのが苦手な人は賃貸の方が向いているかもしれません。

収入が増えてきたら広い部屋に引っ越そう!ということもできますよ!

 

また、持ち家と違って資産価値について気にする必要がなくなります。

賃貸なら修繕やメンテナンスは借主に過失がない場合、管理会社やオーナーが行ってくれるのも楽ですよね。

 

賃貸のデメリット

  1. 一生家賃を支払い続ける必要がある(資産にならない)
  2. リフォームやガーデニングができない
  3. 高齢になると借りられないケースがある

賃貸の1番のデメリットは一生家賃を支払い続けなければならないことです。

持ち家なら住宅ローンを支払い後、支出は固定資産税とたまにかかってくるメンテナンス費用のみになります。

そのため、老後の収入が不安な方は若いうちに住宅ローンを支払って家賃に縛られない生活をすることをおすすめします。

また、老後は引っ越しもしづらくなります。

審査に落ちたり、保証人が必要なケースが増えるからです。

あじふらい
あじふらい

老後のことも考えて、引越し可能なタイミングを見極めることが大切ですね。

 

最後に

いかがでしたか?

賃貸と持ち家、迷う人が多いと思いますが、それぞれのメリット・デメリットを比べてから選ぶようにしましょう!

もしローンを組んで購入する場合、自分の収入や支出も計算して選んでくださいね。

不動産は一生で1番大きな買い物です。

ローンを組んだせいで生活が苦しくなってしまっては元も子もないですよ!

 

私ならどちらを選ぶか、、

ちなみに、私は賃貸と持ち家どちらを選ぶか聞かれたら、『50歳くらいまでは賃貸で、その後田舎に中古の家を購入するのが正解』だと思っています。

その理由は3つあり、

  • 若いうちは転職が多い
  • 子供が増えたりしたときに家を変えることができる
  • 50歳くらいになると子供も巣立っているし、都会に住んでいるというステータスも気にしなくなる

です。

若いうちに家を買ってしまうと、転職や子供が増えたりしたときに困ることが多いです。

家は一度購入するとその場所を変えることができません。

ですが賃貸は違います。

場所も変えることができますし、人数に合わせて間取りを選ぶこともできます。

それに50歳は田舎に住んでいるというステータスを気にするような年ではないです。

まだ若いうちは周りの目を気にして都会に住みたがるかもしれませんが。

子供が巣立ってステータスを気にしなくなったら、田舎の安い中古の家を購入してのんびり暮らすのがいいのではないかと思います。

 

あじふらい
あじふらい

私は田舎が好きなので、将来田舎に住みたいなあという願望が入っていますが(笑)

 

よろしければクリックで応援お願いします↓

にほんブログ村 投資ブログ お金(投資)へブログランキング・にほんブログ村へ




コメント

タイトルとURLをコピーしました