「無駄なことはしない」意味のない行動を減らして自分に投資しよう

sunadokei時間

この記事を読んでいる人の中には、コロナの影響でリモートワークへ変わった人も多いのではないでしょうか。

コロナは社会の様々な仕組みを変えてしまいました。その1つがリモートワークです。

リモートワークをすると誰もが「あれ?今まで満員電車で通勤してたけど、本当に必要あった?」と気づくでしょう。

これまで社会人の常識だと思われていた通勤ラッシュも在宅勤務すると必要ではなくなるし、朝早く起きる必要もありません。

コロナは悪い影響だけではなく、人々の生活が無駄だらけだったことを教えてくれました。

しかし、変化の波に乗り切れていない人が多いことも事実です。それでは、新しい時代で成長していくために、私たちは何を切り捨てて、何に時間をかければいいのでしょうか。特に切り捨てるべき時間について注目していきましょう。




 

無駄な時間は何か考える

1日は皆平等に24時間しかありません。そんな限られた時間を有意義に過ごすためには無駄な時間を減らすことが重要です。これに気づかせてくれたのはコロナによる自粛期間でしょう。

コロナの影響で生活が一変してしまいましたが、それを悪く捉える人もいれば、実は良い影響を及ぼしていると思っている人も多いようです。

それでは良い影響とは具体的に何なのでしょうか。仕事面と生活面の2つの観点から見ていきましょう。

 

仕事

まずは仕事面から良い変化を考えていきます。

  • 通勤時間がなくなって朝早く起きる必要がなくなった
  • 満員電車に乗る必要がなくなった
  • 長い時間をかけていた無駄な会議がなくなり、メールやZOOMで手短に済ませるようになった
  • 上司との不必要な飲み会がなくなった
  • サービス残業がなくなった
  • 出張が減った

この中で一番嬉しいことは通勤にかける時間がなくなったことでしょう。社会人の中には、1日数時間もかけて通勤をする人もいます。それが満員電車ならなおきついですよね。

長い時間をかけていた会議が非効率であり、なくても特に問題がないことにも気づいたようです。いや、前から気づいていたのかもしれませんがなかなか無くすことはできなかったのでしょう。経営者の皆さんにはこれを機に仕事の効率化を進めて欲しいものです。

不必要な飲み会がなくなったことは精神的に良いだけでなく、無駄な出費を減らすことにも役立ちます。職場の人間関係は大事ですが、在宅勤務が多くなってくると人間関係などあまり関係ないですもんね。

出張が減ったのはZOOMなどのビデオツールが普及したことが大きいでしょう。わざわざ遠方まで出向かなくてもZOOMを使えば全国どこにいる人とでもやりとりが可能です。移動にかける時間を減らすことができるだけではなく費用も削減できますね。




 

生活

次は生活面から良い変化を見ていきます。

  • 店が混雑しない時間に買い物ができるようになった
  • ネットスーパーを利用する機会が増えた
  • 掃除をする時間が増えた
  • 家族との団欒が増えた
  • 自殺者が減った

これまで帰宅時間や週末の混雑時に買い物に行っていましたが、時間を分散することができるようになったことでスムーズに買い物ができるようになったことは大きな利点でしょう。そもそも外出自粛が続いていたため、買い物に行くのではなくネットスーパーを利用する人も増えたのではないでしょうか。

また、在宅勤務となったおかげで無駄な時間が減り、家族と過ごす時間が増えた方も多いと思います。家族とコミュニケーションをとり、一緒に笑うことで仕事への意欲も高まるでしょう。

最近の調査によるとコロナの影響で自殺者が減ったとの報告があるようです。経済の低迷により余計に増えるのではと予想していましたが逆の結果になりましたね。これは自殺の主な原因がストレスや人間関係によるものだからです。在宅勤務になると煩わしい人間関係も気にする必要がなくなりますからね。ソーシャルディスタンスやマスクをすることにより人との距離を適切に保つことができることも自殺者を減らした大きな要因でしょう。もしかしたら怖いのはウイルスよりも人間なのかもしれません笑

 

無駄にSNSを徘徊しない

haikai

ここまで仕事面と生活面の2つの観点から無駄な時間を見てきましたが、もう1つ紹介したい無駄な時間があります。それがスマホをいじっている時間です。特にSNSを徘徊している時間は必要ありません。

確かにSNSは同じ目標を持つもの同士や離れた友人をつなげる便利なツールですが、リスクも存在します。自分が投稿した内容に「いいね!」がどれくらい付いているかなどを気にすることは時間の無駄でしかないです。周りから認められたい!や自分の価値を確かめたい!という思いから気にするのでしょうが、はっきり言って「いいね!」の数にそんな価値はありません

みなさんFacebookやInstagramを見る時間は大体決まっています。仕事の合間や夜寝る前などに見るのです。そしてみんなが楽しい時間を過ごしている投稿をみて憂鬱な気持ちになり、気分が下がります。この「他人との比較」によって「孤独感」を感じやすいのがSNSなのです。

もしあなたがSNSによって逆に窮屈感を感じているのなら、きっぱりとやめてしまうことをおすすめします。もしくは見る回数や時間を決めることもいいでしょう。他人に「いいね!」をする時間も大事ですが、それよりも自分を成長させるさせるようなもっと大事なことに時間を使ってみてはいかがでしょうか。

 

アウトソーシングする

仕事もたくさんあるし家事もしないといけないし、他にやりたいことがあるのに時間が全くない!という方はアウトソーシングするのが良いでしょう。アウトソーシングとは外部委託のことで、自分の仕事の一部を外部に委託するという意味です。

このアウトソーシングはおもにビジネスにおいて使う言葉ですが、個人でも日常生活に取り入れることが可能です。例えば家事はアウトソーシングしやすいでしょう。家事代行サービスによって掃除・洗濯・料理は自分がやらなくとも外部に委託可能です。家事に対する精神的負担が減るだけではなく、仕事をする時間や趣味に充てる時間が増えるため、より充実した生活を送ることができます。

家事だけではなく、退職代行サービスなどもあります。その名の通り、本人に代わって退職を代行してくれるサービスですが、自分から切り出すという精神的負担を減らすことができるし、無駄な引き留めをされることもないため時間の確保も可能です。

家事など自分がやらなくてもよいことは思い切って他人に任せることがこれからの生活には大事なのかもしれません。もっと自分のやりたいことに時間をかけるため、もしくは無駄な精神的負担を減らすためにも代行サービスは役立つでしょう。

 

時間を有意義に使うこと

1日は24時間で、あなたのできることは限られています。それなのに意味のない行動に時間をかけすぎて、本当にやりたいことができない時は、まずは「やる必要のないこと」を決める所から始めてみてください。具体的には「他の人にもできること」「精神的負担になっていること」「成長を妨げること」などです。やりたくないことを決めた先には、きっと充実した毎日があるはずです。




 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました