【知っておきたい!】つみたてNISAって何?メリット・デメリットを教えて!

tumitatenisa-merit-demeritつみたてNISA

こんにちはあじふらいです!

知っていますか?最近つみたてNISAの口座開設をしている人が急増しているんです。

金融庁の発表によると、2020年12月末時点では302万8259口座となりました。

https://dot.asahi.chttps://www.fsa.go.jp/policy/nisa/20210226.htmlom/aera/photoarticle/2021041200053.html

つみたてNISAと聞くと投資と連想し、

はてなさん
はてなさん

難しそうだし知識がないよ。

と遠慮しがちな人が多いのではないでしょうか?

しかし、実際はとっても簡単で今すぐに運用するべきメリットがたくさんあります!

そんなつみたてNISAの特徴と、私が実際に運用してみて感じたメリット・デメリットについて紹介していきます。

あじふらい
あじふらい

5分でつみたてNISAを理解できるよ!




つみたてNISAって何?

つみたてNISAとは2018年1月から始まったつみたて投資専用のNISAのことです。

特徴は以下の表にまとめてあります。

tumitatenisa-tokutyou

引用:金融庁ホームページ つみたてNISAの概要

あじふらい
あじふらい

簡潔に書くと、こんな感じ!

  • 利用できる方:日本に住んでいる20歳以上の方
  • 投資できる上限額(年):40万円
  • 非課税期間:最長20年
  • 運用可能期間:2037年12月末まで→2042年末まで延長が決定
  • 投資対象商品:金融庁が定めた一定基準をクリアした投資信託
  • 投資方法:定期的かつ継続的なつみたて

 

ポイントは、非課税期間が5年間しかないNISAと比べて、つみたてNISAは20年間の非課税期間があるということ。

非課税期間というのはつみたてNISAで得た利益に対して、最長20年間非課税になるという意味です。

ちなみに、他の投資だと得た利益に対して税金がかかることがあります!

これが非課税で受け取れるというのがつみたてNISAの強みですよ!

 

そしてもう1つポイントとして、つみたてNISAで購入できる商品はすべて金融庁が定めた一定の基準をクリアしたお墨付きの商品しかないということ。

投資初心者からしたらおすすめされている商品だけ選べるということは助かりますね!

あじふらい
あじふらい

でも必ず利益が出るというわけではないから注意してね!

 

つみたてNISAができた背景

はてなさん
はてなさん

普通のNISAじゃダメなの?

あじふらい
あじふらい

NISAは短期的な利益を求める人が多かったんだ!

つみたてNISAが始まる前にはすでにNISA(少額投資非課税制度)がスタートしていました。

じゃあNISAだけでいいじゃん!と言う方もいると思いますが、実はこのNISA、始まってみると利用者は主に60代、70代の高齢の方達だったんです。

しかも短期的な利益を求めて始めていた人たちが多く、一般の人たちにも気軽に投資を始めてもらいたいという金融庁の考えとは全く異なる利用となってしまったのです。

そのため、若い人たちにもっと投資に興味を持ってもらおう!安定的に資産形成できる制度を作ろう!として生まれたのが「つみたてNISA」なのです。




つみたてNISAのメリットとデメリット

つみたてNISAは誰でも簡単に始められる投資信託ですが、メリットとデメリットについて詳しく紹介していきます。

つみたてNISAのメリット

まずはメリットから!

メリット1:運用益が非課税

冒頭でも紹介しましたが、一番のメリットは運用で得た利益に税金がかからないということです。

通常の投資では、得た利益に対して20.315%の税金がかかってしまいますが、つみたてNISAでは非課税です。

その非課税期間は最長20年!

こんなに長い間非課税で運用できることが1番の魅力でしょう。

 

メリット2:少額投資が可能

つみたてNISAは月々100円からつみたて可能です。

ですがこの最低つみたて金額は証券会社によって異なるので、注意が必要です。

投資はお金持ちがやるもの、と考えている人が多いと思いますが、全くそんなことはないですよ!

ちなみに私は3つの商品に10000円ずつつみたてているので、毎月30000円をつみたてています。




メリット3:自動つみたてでほったらかしOK!

これは実際に運用してみて一番良いと感じたメリットなのですが、自動つみたてで全く手間がかからず、ほったらかしにしてOKなんです。

購入するタイミングも自分の給料日などに合わせて引き落とし日を決めることができます。

仕事が忙しく、いちいち株式市場を気にしている暇なんてないよ!という方にもおすすめです。

 

メリット4:つみたてた金額はいつでも引き出し可能

つみたてNISAは最長20年間運用可能ですが、このつみたて金額をいつでも引き出すことが可能なんです。

20年と聞くと長く、その期間に様々なライフイベントもあるでしょう。

その中には緊急でお金が必要となる時もあるかもしれません。

そんな時、いつでも引き出し可能なのはとても助かりますよね。

あじふらい
あじふらい

貯金感覚で投資ができるよ!

 

メリット5:買うべき商品が厳選されていて初心者も選びやすい

先ほども紹介しましたが、つみたてNISAで購入可能な商品はすべて金融庁の一定基準をクリアしたお墨付きの商品のみです。

この一定基準には、販売手数料が無料であること、信託手数料が低いことなどが含まれています。

一般向けに販売されている商品の中には手数料が高く、証券会社が設けるために作られた商品が多数存在するので注意が必要です。

なので、一定基準をクリアした商品のみが選べることは大きなメリットでしょう。

 

以下の記事に、私がおすすめする商品3つを紹介しています。

是非参考にしてみてください。

【つみたてNISA】2020年版 おすすめ商品ランキングトップ3!
こんにちは!つみたてNISA運用中のあじふらいです。投資の初心者でも安定した資産を築けるよう、長期にわたり分散・つみたて投資ができる制度として誕生したのが「つみたてNISA」このつみたてNISAで購入できる商品は全て金融庁が定めた厳しい基準




 

つみたてNISAのデメリット

実際に運用してみるとデメリットな部分はあまり感じません。

しかし、注意点としていくつか挙げることがあります。

 

デメリット1:元本割れのリスクがある

つみたてNISAで購入できる商品はどれも基準をクリアした商品ばかりですが、「元本保証」をしているわけではありません。

20年運用していると必ずどこかで損失の状態となるリスクがあります。

現在のコロナショックはその代表的な例ではないでしょうか。

 

しかし、逆にいうと株式相場が下がっていることはチャンスでもあると、私は考えています。

同じ金額でも、買える口数が全く違うからです。

あじふらい
あじふらい

同じ株がバーゲンセールで売っているようなものですね!

「長期・つみたて・分散」という原則に則って淡々と投資していると、そこまで暴落は怖くありません。

むしろ暴落を経験することで、後から回復したときによりリターンを得ることができます。




デメリット2:毎年の投資上限が少ない(非課税枠は翌年に持ち越しできない)

がっつり投資をしたい!という人から言うと、年間最大40万円は少し物足りなく感じるかもしれません。

しかも、余った非課税枠は翌年に持ち越すことができません。

例えば、初年に20万円しかつみたてなかったから、翌年は余った20万と合わせて60万つみたてるぞ!ということができないわけです。

なやみOL
なやみOL

なるべく1年間で40万円を使い切る方がいいんだね

 

つみたてNISAメリット・デメリットまとめ

当記事ではつみたてNISAのメリットとデメリットを紹介しました。

デメリットを補って余りあるほどのメリットがつみたてNISAには沢山ありますよ!

忙しいサラリーマンや主婦の方が将来のために気軽に資産運用を始めたい、という場合にはつみたてNISAを選べば間違いなしです。

初心者でも「長期・つみたて・分散」という原則に則って投資を始めることができます。

少額から始められるので、是非みなさんも利用してみてください!




コメント

タイトルとURLをコピーしました