初心者にはどちらがお得?「NISA」と「つみたてNISA」

NISA-and-tumitatenisaつみたてNISA

今からちょうど1年前に話題になった「老後2000万円不足問題」。

このニュースを知り、「NISA」・「つみたてNISA」に関心を持ち始めた人も多いのではないでしょうか。

私もその一人なのですが笑

しかし、投資初心者からしたらNISAとつみたてNISAはどう違うの?どちらを始めるべきなの?という疑問が湧いてくることでしょう。

どっちも始めればいいじゃんと思うかもしれませんが、NISAとつみたてNISAはどちらか1つしか始めることはできません。

そこで、当記事ではこの2つのメリット・デメリットや注意すべきポイントについて解説していきます。

投資初心者の方はぜひ参考にしてみてください。



 

NISAとつみたてNISAの詳細

前述でも述べましたが、NISAとつみたてNISAは併用することができません。

そのため、まずはこの2つの特徴についておさらいしていきましょう!

 

NISAの特徴

対象者日本に住む満20歳以上の方
非課税投資枠毎年120万円
非課税期間最長5年間
投資可能期間2014年から2023年まで
対象商品株式・投資信託等

NISAは毎年120万円しか投資することができず、非課税期間が最長で5年です。

この非課税期間の5年間が終わった後は以下の選択肢を迫られることとなります。

                  5年間運用後の選択

1、NISA口座にロールオーバー
2、通常の口座に移す
3、売却

このロールオーバーですが、もし非課税期間の5年間が経過した時点で損をしていた場合、このまま売却すると損をするので株価が回復するまで待つ!という方法になります。

しかし、2019年以降にNISAを利用した人はこのロールオーバーを利用することができません。ここが注意すべきポイントですね。

利益が出ている場合はそのまま売却してしまっても大丈夫ですが、5年間という短い運用期間の場合には損をしている可能性も大いにあるでしょう。

ここがNISAのデメリットと言えるかもしれません。

逆に言えば、短い期間で利益を狙って高く売る、という投資方法に近いイメージですね。

 

つみたてNISAの特徴

対象者日本に住む満20歳以上の方
非課税投資枠毎年40万円
非課税期間最長20年間
投資可能期間2018年から2037年まで
対象商品金融庁が定めた一定基準を満たした投資信託

つみたてNISAはNISAとは違い、非課税期間が20年間もあります。

しかし、1年間で投資できる上限金額は40万円です。

そのため、投資の基本である「長期・分散・つみたて」という原則に則っているのはつみたてNISAということになります。

さらに、つみたてNISAで購入可能な商品は全て金融庁の定めた一定基準をクリアしたお墨付きの商品であるため、投資の初心者でも悩むことなく運用可能です。

一定基準をクリアしているからと言って必ず利益が出ると保証されているわけではありませんが、NISAと比べると初心者に優しい制度と言えます。

しかしつみたてNISAにはロールオーバーはありません。

非課税期間の20年が終わった後に損をしていた場合、さらに20年運用するぞ!ということは出来ないので注意してください。

                    20年間運用後の選択

1、通常口座に移す
2、売却する

 

 

「NISA」・「つみたてNISA」のメリット、デメリット

NISAとつみたてNISAの特徴を紹介したところで、ここからは双方のメリットとデメリットを見てみましょう。

 

NISAのメリット・デメリット

NISAにはつみたてNISAにはない明確なメリットがあります。

それが1年で120万円も投資できるということです。

資金に余裕があり、投資に関してある程度知識があるため、短期間でも利益を上げられるというような方にはNISAがおすすめでしょう。

 

しかしNISAにはデメリットもあります。

それが先ほども書いたように、損失が出やすいということです。

NISAは5年間という短期間で運用するため、損失が出る可能性が十分にあります。

この損失の可能性をカバーするため、ロールオーバーという機能がありますが、2019年以降にNISAを利用した人はこのロールオーバーができません。

そのため、これからNISAを利用しようとしている人は、非課税期間終了時に損をしていても売却するか、通常口座に移すかという選択肢しかありません。

 

つみたてNISAのメリット・デメリット

つみたてNISAのメリットは2つあります。

  1. 投資初心者でも気軽に運用可能
  2. 非課税枠の上限が多い

1つ目の初心者でも気軽に運用可能というのは、つみたてNISAは商品を購入してつみたて金額を設定するだけで後はほぼ何もしなくてもいいのです。

NISAと違い、商品を分析し、利益が大きいタイミングで売却しなければならない、ということがありません。

つみたてNISAの方が、忙しいサラリーマンや主婦の方に向いている制度ということですね!

つみたてNISAの銘柄選びに関しては下記記事にて詳しく記載しています。

よければ参考にしてみてください。

【つみたてNISA】2020年版 おすすめ商品ランキングトップ3!
こんにちは!つみたてNISA運用中のあじふらいです。投資の初心者でも安定した資産を築けるよう、長期にわたり分散・つみたて投資ができる制度として誕生したのが「つみたてNISA」このつみたてNISAで購入できる商品は全て金融庁が定めた厳しい基準

 




そしてつみたてNISAの2つ目のメリットが非課税枠の上限がNISAよりも大きいということです。

NISAは120万円×5年間なので上限金額は600万円。

つみたてNISAは40万円×20年間なので800万円となります。

短期的に見るとNISAの方が大きくなりますが、長期的に見るとつみたてNISAの方が大きくなります。

資金に余裕がない方でも年間の投資枠が40万円なので、「長期・分散・つみたて」投資が可能です。

 

ここまでメリットを書いてきましたが、デメリットもあります。

それが、NISAと比べると投資枠の上限が40万円と少ない、という点です。

そのため、投資経験者で、もっとたくさん利益を出したいよ!という方にはNISAの方が向いています。

 

初心者にはどちらがお得?まとめ

ここまででNISA、つみたてNISAどちらもメリット・デメリットがあるということを紹介してきましたが、投資の初心者はどちらを選べば良いのでしょうか。

私の結論は「つみたてNISA」です。

投資に対する知識がない方は、「長期・分散・つみたて」の原則に従っているつみたてNISAを選べば間違い無いでしょう。

気軽に、かつ安全に資産運用が可能だと言えます。

銀行口座に預金していても金利に期待はできません。

ならば、お金にも働いてもらう、という考えでつみたてNISAを運用してみてはいかがでしょうか。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました