【2020年最新版】初心者がまず始めるべき資産運用まとめ!

life-roughつみたてNISA

こんにちは。つみたてNISA運用中のあじふらいです。

老後資金2000万円不足問題が話題になってから、今まで漠然としていたお金の不安が現実的になってきたという人も多いと思います。

しかし、2000万円と聞くと貯めるのは難しいと考える人が多いかもしれませんが、実は全然そんなことはありません!断言します。

今回はそんなお金の不安を消し、2000万円を無理なく貯めるための資産運用について徹底解説していこうと思います。

「資産運用を始めたいけど何から始めていいかわからない」「初心者が騙されない資産運用を教えてほしい」、という方向けの記事になっているのでぜひ当記事を読んでから始めてみてください。




 

なぜ資産運用するのか

sisanunyou-money

そもそも、なぜ資産運用しなければいけないのでしょうか。

貯金だけでいいのでは?と思っている人もいると思うので、解説します。

 

日本では高度経済成長期、お金を銀行に預けているだけで増えていきました。それは預けていた金利が高かったからです。当時の定期預金の金利(1991年当時)は年利6.08%でした。

この金利6.08%という数字は、あなたが100万円を預けていた場合、12年後にはなんと207万円になっています。倍ですね!笑

しかしバブル崩壊を迎え、高度経済成長が終わった今、大手都銀の普通預金の金利はなんと0.001%になっているのです!

先ほどと同じように100万円を預けていた場合、10年後には100万100円になっています。100円しか増えていないのです。もう終わりですね笑

 

もう1つ、資産運用すべき理由があります。それは物価が上がっているからです。

あなたがコンビニで買う肉まん、10年前より値段はどうなったでしょう?上がっていますよね。

しかも、値段が上がっているのにサイズは小さくなっていることを知っていましたか?いや、もしかしたら私たちが大きくなっているのかもしれない、、、それはないか。

これは肉まんに限った話ではありません。アイスやお菓子も値段が上がっているのです。

ちなみに物価が上がることをインフレといいます。

さて、物価が上がるということはどういうことかわかりますか?物を買う時に多くのお金を支払わなければならないということは、同じ100万円を持っていても、その価値は少しずつ下がっている、ということなのです。

現金の価値はあまり変わらないと思っている人が多いと思いますが、実はそうではないんですね。

この物価の上昇に伴ってお金の価値が下がることをインフレリスクといいます。

 

ここまで見ると、お金を銀行に預けているだけでは増えることはないと理解できたかと思います。

そしてこの事実を知らない人たちは老後資金2000万円不足問題を聞いてびっくりするわけです。

そこで、銀行にお金を預けるだけではなくて自分で考えて資産運用する、ということが大事になってくるんですね。

 

初心者が始めるべき資産運用

それでは、投資初心者におすすめの資産運用はなんなのでしょうか。

それは、つみたてNISAiDeCoの2つです。

どうしてこの2つがおすすめなのか、解説していきます。

 

つみたてNISA

つみたてNISAとは、国が作った初心者でも簡単に資産運用できる非課税制度です。

投資にはなるべく失敗しないための原則があり、それが長期・分散・つみたての3つです。

このつみたてNISAは3つの原則をすべて網羅していて、初心者でも安心して運用可能となっています。

概要が金融庁ホームページに載っているので紹介しますね

tumitate-gaiyou

引用;金融庁ホームページ=つみたてNISAの概要

この中で大事なところをピックアップすると、

  • 投資信託の運用利益が非課税
  • 年間40万円を20年間投資可能
  • 対象の投資信託は金融庁が審査している
  • 少額からでも運用可能(月100円から可能)

です。

運用利益が非課税とは、普通つみたてNISA以外の投資信託では得た利益に対して20.315%の税金が差し引かれるのですが、これがないということです。

また、上記でも記載していますが、つみたてNISAで購入可能な投資信託はすべて金融庁が定めている一定の基準をクリアしているお墨付きの商品ばかりです。

はっきり言ってハズレはありません。

なので何をしたら良いかわからないという方は、思考停止でつみたてNISAを始めるのが1番良いです。

それでも現在、つみたてNISAには約170もの商品がありますので、もし悩んでしまうという方はこちらの記事でおすすめ商品を紹介しているので参考にしてみてください!

【つみたてNISA】2020年版 おすすめ商品ランキングトップ3!
こんにちは!つみたてNISA運用中のあじふらいです。投資の初心者でも安定した資産を築けるよう、長期にわたり分散・つみたて投資ができる制度として誕生したのが「つみたてNISA」このつみたてNISAで購入できる商品は全て金融庁が定めた厳しい基準

 

また、実際に運用している人はどんな成績なのか知りたいよ!という方は下記の記事で私が実際に運用している運用成績を公開しています。

【つみたてNISA】9ヶ月目(2020年9月15日まで)の運用成績を報告!
当記事ではつみたてNISAのリアルな運用成績を公開しています。 つみたてNISAを運用している人の成績が知りたい! 実際にどの商品を運用しているの? という疑問を持っている方はぜひ参考にしてみてください! つみた...

 

しかし、20年間つみたてNISAを運用すると、最終的にはいくらになってるの?という疑問を持っている方も多いことでしょう。

つみたてNISAには便利なことにシミュレーションすることができるサイトがあります。

楽天証券:積立かんたんシミュレーション

上記サイトを参考に、もしあなたが毎月3万円を20年間、リターン5%で運用すると、なんと1233万円になっています!

もしリスクを取り、リターンを7%だと仮定すると、20年後には1562万円になっています。

これはあくまで想定ですが、7%増えることは過去の実績からでも十分あり得ることです。

 

それでは30歳からつみたてNISAを始めたとすると、50歳には約1500万円もの資金を確保できることになりますね。

しかも50歳ならまだ老後とは言えません。そこから新たにつみたてNISAを始めると、60歳、70歳になった時には老後資金2000万円なんて簡単に確保できると思いませんか?

結論を言うと、早いうちにつみたてNISAを始めましょうってことです。

早く始めた分、それだけ多くの資金を確保することができますよ。

 

iDeCo

次に紹介する資産運用はiDeCoです。

iDeCoとは、個人でつみたてる個人年金のことです。つみたてNISAと同様、国が用意してくれています。

iDeCoの特徴は以下の通りです。

  • 個人で加入手続きをし、毎月のつみたて金額を決めて運用。
  • つみたて金・運用益・受け取り金に税制の優遇措置が施されている。
  • 20歳から60歳未満までの全ての方が加入可能。
  • つみたてた資金は60歳以降にならないと受け取ることができない。※注意!
  • 投資信託・定期預金・保険の3つから商品を選択する。

 

iDeCoは個人の働き方によって毎月のつみたて可能金額が決まっています。

deco-jougengaku

引用:個人型確定拠出年金(iDeCo)とは=楽天証券より

iDeCoで大事なポイントをピックアップすると、節税効果が高いということ。

もしあなたが30歳の自営業で、毎月20,000円をつみたてた場合、年間の節税額は72,000円になります。これを60歳まで継続すると、30年間の節税効果は2,160,000円です。

すごい金額だと思いませんか?車が買えてしまいますね笑

こちらの節税金額は個人でシミュレーション可能です。あなたの節税金額がいくらなのか、試してみてください!

節税シミュレーション:楽天証券

 

また、節税効果が魅力的なiDeCoですが、60歳時点でいくら貯まっているのか気になりませんか。

上記と同じように自営業の方が毎月20,000円を30年間、運用益を3%と仮定してつみたてた場合、なんと60歳時点で1,100万円が受け取り可能です

すごいですね。節税効果に加えてこれだけの老後資金が確保できます。

もしつみたてNISAと併用して行った場合、これだけで60歳時点で老後資金2000万円を余裕で確保できることが分かりますね。

 

しかしiDeCoで注意が必要なのが、つみたてた金額を60歳まで引き出すことができないことです!

そのため、ある程度お金に余裕がある人が検討してくださいね。

このiDeCoにつきましては下記記事にて詳しく説明しています。参考にしてみてください。

404 NOT FOUND | あじふらいの投資ブログ
〜タネ銭が少なくても投資はできる〜




 

初心者が絶対にやってはいけないこと

gaze-bank

もしかしたらここから書くことが1番大事なことかもしれません。

資産運用をするにあたってあなたが絶対にやってはいけないことがあります。

それが、金融機関の窓口には絶対に行ってはいけないということです。

なぜかと言うと、金融機関の窓口に行くと、彼らが売りたい商品を紹介されるからです。

金融機関の窓口には、投資の初心者が行きます。

投資の初心者はどの商品が良くて、どの商品が劣悪か、判断することができません。

彼らはそれを知っています。

そのため、金融機関の窓口では手数料が高い商品を紹介されてしまうのです。

そうしないと金融機関が儲からないからです。

はっきり言いますが、金融機関で売られている商品は全て劣悪だと思って良いです。

絶対に〜銀行、とか、保険会社の商品などは買わないようにしてください。

 

なので、ネット証券を利用しましょう。私は楽天証券で資産運用を始めています。

下記にておすすめのネット証券を紹介していますので、参考にしてみてください。

【つみたてNISA】おすすめネット証券会社トップ3!自分に合った証券会社を選ぶポイント紹介
こんにちは!つみたてNISA運用中のあじふらいです! 当記事ではつみたてNISAを始めようと思っている投資初心者のためにおすすめの証券会社を紹介していきます。 まず、つみたてNISAを始めるためには下記のような手順を踏む必要があ...

まとめ

ここまで読んだあなたなら時間をかければ老後資金2000万円なんて簡単に確保できることが理解できたかと思います。

当記事で紹介したつみたてNISAとiDeCoは低リスクでの運用が可能な上、もう1つのメリットは投資について勉強ができるということです。

お金に余裕がある方ならリターン3%とか7%とかよりもっと上を目指したいと思っている人もいるはず。

しかし、お金に余裕があっても投資の知識がない方なら始めにつみたてNISAを運用して金融リテラシー、投資に対する知識を身に付ける、これが大事だと思います。

知識をつけてから挑むのはビジネスでも同じことです。全くの初心者は成功しません。

難しく考えることなく資産運用を始めてみましょう。




 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました