一括投資と積立投資はどっちが得なの?シミュレーションして比べてみた

一括投資と分割投資投資信託

投資を始める際に決めなければいけないこと、いくつかありますよね。

例えば、

  • 証券会社はどこにするか
  • どの商品を購入するか
  • いくら投資するのか

などなどです。

しかし、もう1つ投資をする上で大事なこと。

それは

「一括投資」と「積立投資」どちらを選ぶのか

ということ。

投資の初心者なら誰もが悩むテーマですよね。

今回はシミュレーションを使って一括投資と積立投資はどちらを選ぶべきなのかを解説します!




S&P500でシミュレーションします

シミュレーションするにあたって参考にする株価は「S&P500」にしました。

S&P500とは、アメリカの代表的な株価指数の1つです。

日本でいうと日経平均株価みたいな感じですね。

ニューヨーク証券取引所、NASDAQ等に上場している企業から代表的な500銘柄で構成されています。

その株価はこの通り右肩上がり!

s&p500-future

S&P500の詳細は下記記事を見てみてね。

S&P500をわかりやすく解説!最強の投資はこれで決定
こんにちは!あじふらい(@ajifri_blog)です。 投資をしている人なら誰もが知っている言葉 「S&P500」 米国株にまとめて投資ができるとして有名な株価指数ですね。 しかし、詳しく知らないという人も...

 

そしてシミュレーション方法は毎月10000円を20年間積み立てた場合(合計240万円)と一括投資した場合(一気に240万円)とを比べてみました。

期間は2001/1/1〜2021/1/1にしました。

上のグラフを見て分かる通り、この期間だと右肩上がりになっていますね。

 

シミュレーションした結果…

これをシミュレーションしてみるとこのような結果に!

元本資産合計
積立投資240万円約370万円
一括投資240万円約640万円

 

あじふらい
あじふらい

積立投資より一括投資の方がリターンが高い!

 

つまり、右肩上がりの株価の場合、一括投資の方が得なことがわかります。

それでは、おすすめの投資方法は一括投資なのかというと、私の結論はそうではありません。




ちなみに私なら積立購入をおすすめします

シミュレーションした結果は一括投資の方が得をすることがわかりました。

しかし、私のおすすめ投資法は積立投資です。

理由①:ドルコスト平均法

一括投資の方が得をしていたのは、株価が右肩上がりだったからです。

もし株価が下がってしまった場合、一括で投資をしているとメンタルが持ちません。

そして耐えきれず損切り(損失が出ている状態で売却すること)してしまう人も多いでしょう。

 

それならば、積立投資をしてドルコスト平均法(定額購入法)を勧めます。

ドルコスト平均法とは、価格が変動する商品を一定金額ずつ購入することです。

価格が高いときは口数を少なく、価格が安いときは多く口数を買うことができます。

積立投資の成績は量(口数・株数)×価格です

 

そのため、下落相場を経験すると多い口数を買うことになるので一括投資よりも高値掴みのリスクを抑えやすいと言えます。

ここで注意して欲しいのは、積立投資だとリスクが抑えられているというわけではありません。

同じ額を投資しているのですから、「ゆっくりとリスクをとっている」という認識が正しいですね。

あじふらい
あじふらい

ただ、時間を分散して投資しているので心の安定には繋がるのは確かですよ!

 

理由②:2022年頃に株価が下がると予想しているから

私は2022年頃から株価が下がると予想しています。

その理由が、2022年にはFRBが利上げをすると予想しているから。

もし利上げをすると株価は下がるため、現状株価が高い時に一括投資すると高値掴みになりかねません。

つまり株価が下がった時に一括投資をするチャンスを逃してしまいます。

 

しかし2022年まで待つことも勧めません。

なぜなら確実に株価が下がるわけではないからです。

だったら、理由①で説明したようにドルコスト平均法を使って積立投資するべきです。

2022年まで待っていた時間が無駄になってしまいますからね。

 

まとめ

一括投資と積立投資を比べたら一括投資の方がお得なことがわかりました。

しかし、相場に一喜一憂しないためにもドルコスト平均法を利用して積立投資する方がいいと私は思います。

後悔が少ない方を選びたいなら、間違いなく積立投資ですね。

投資に慣れるまでは余裕を持って運用しましょう!

 

1番良くないことは投資をしないことだっ!

よろしければクリックで応援お願いします↓

にほんブログ村 投資ブログ お金(投資)へブログランキング・にほんブログ村へ




コメント

タイトルとURLをコピーしました