凡人が仕事でミスをしない方法。それは寝ることです(笑)

sleep-workあじふらいの雑談

こんにちは。あじふらいです。

私は社会人として働いていますが、たまに上司が言っていることやメールの内容が頭に入ってこないことがあります。

「何を言ってんだこの人?」みたいな(笑)

調子がいい時は内容をすらすら読み取ることができるのですが、そうでない日も多い。

それはなぜか。

大体が睡眠不足の時なんです。いや、これほんとに。

科学誌のScienceが掲載した研究結果によると、よく寝る人の方が他人よりも多く学び、上司や部下からの信頼が厚く、周りを引っ張っていくカリスマ性を持っていることがわかりました。

 

あじふらい
あじふらい

仕事ができる人はよく寝てるっていうことか(笑)

 

そこで今回は良い睡眠をとる方法と、寝る前にしてはいけないことについて紹介していきます。




日本人は世界一寝ていない

睡眠方法について紹介する前に、日本人の睡眠事情について紹介しましょう。

日本人は世界で1番睡眠時間が少ないって知っていましたか?

2018年に経済協力開発機構(OECD)が行った睡眠時間調査によると、

  • アメリカ:8時間48分
  • イギリス:8時間28分
  • 中国:9時間1分
  • スペイン:8時間35分
  • 日本:7時間22分

ワースト1位なんですね。日本人は世界一睡眠偏差値が低いと言えます。

 

良い睡眠を取るとどんなメリットがあるのでしょうか。

  • 疲れを取る
  • ストレス解消
  • 記憶の定着と整理
  • 太りにくい身体を作れる
  • ネガティブな感情を抑える

社会人にとって大事なことばかりですね。

「疲れを取る」ことは知られていましたが、「ネガティブな感情を抑える」ことはあまり知られていないような気がします。

睡眠不足になるとネガティブな感情を抑える脳の機能が低下し、不機嫌になりやすくなる(イライラしやすくなる)のです。

学生にとっても記憶の定着は勉強に役立ちますね。

あじふらい
あじふらい

太りにくい身体を作れるのもいいね!




睡眠に良い習慣

「睡眠に良い習慣」をまとめてみました。

1、質を上げる入浴法

ohurosuki

スタンフォード式最高の睡眠によると、「入浴こそが質の良い睡眠を取るための最善の方法だ」と述べています。

created by Rinker
¥1,650(2021/06/17 14:25:24時点 楽天市場調べ-詳細)

その中でも「入浴は寝る90分前には終えること」「湯船には15分間浸かること」を勧めています。

本によると、人は入浴後、体温が下がった後に寝付きが良くなって深い睡眠ができる。また、お風呂の温度も熱めではなく、40°が目安だそうです。

2、寝るための環境を作る

寝る時は明るさと室温に気をつけましょう。

明るい照明は睡眠物質のメラトニンを抑制する働きがあることがわかっています。

室温は夏なら25℃、冬は16~20℃が良いです。

布団を被ると体温がすぐに上がるので、そこまで暖かい室温にする必要はないそう。

 

3、適度に運動しよう

これはみなさん知っていると思いますが、睡眠と運動は関係があるようです。

運動習慣がある人は不眠が少ないと言われています。

身体がいい感じに疲れ、寝つきが良くなるからです。

また、途中で何度も目が覚める「中途覚醒」も減少するため、安定した睡眠をとることができるようになるそうです。

私は毎日ウォーキングで6000歩くらい歩いているので、みなさんも真似してみてください。

あじふらい
あじふらい

電車賃の節約にもなるよ!




寝る前にしてはいけないこと

それでは寝る前にしてはいけないことはなんでしょうか。

1、ベッドの上でスマホ

既にご存知かと思いますが、寝る前にスマホやパソコンをいじるのはNGです。

スマホ画面から発しているブルーライトによって目が冴えてしまうことや、脳が覚醒状態になることが原因として挙げられています。

ベッドに入る1時間前にはスマホの利用は控えるのが理想的。

ですが私のようにスマホでyoutubeを観るのが日課になっている人もいると思います。

そんな人は夜間モードを利用するなどして少しでもブルーライトをカットしましょうね。

2、お酒を飲む

wine

私の大好きなお酒ですが、睡眠には悪影響なようです(薄々気づいていましたが笑)

「お酒を飲むと眠くなるよ!」という人もいるでしょうが、実は眠りの質を妨げているそう。

アルコールの効果によって脳がストレスを感じづらくなり一時的に眠れることはあるでしょうが、徐々に覚醒効果が低下すると眠りが浅くなって質の良い睡眠に悪影響を及ぼします。

あじふらい
あじふらい

だからお酒を飲むとすぐに目が覚めるのかッッッ

飲み過ぎには注意しましょうね。

参考:厚生労働省 e-ヘルスネット=アルコールと睡眠

 

3、カフェインを摂る

こちらもご存知かもしれませんが、睡眠にはカフェインは良くありません。

寝ないためにコーヒーを飲む人もいるので、当然ですね。

カフェインには覚醒効果があり、睡眠には良くないです。

朝に眠気覚ましとしてカフェインを摂るのは良いですが、夕方以降に摂るのは控えるようにしましょう。

ちなみに寝る前はココアやハーブティーが良いようです。

寝る前にハーブティーを飲むなんておしゃれすぎる気がしますが(笑)




まとめ

睡眠の大事さをあらためて学ぶことができました。

ですが今まで6時間睡眠だったのを明日から8時間睡眠に、なんて中々できないですよね。

それに短時間睡眠でも成功している人はいます。

トランプ元大統領なんかは”4時間睡眠で十分だ!”と言っているようです。

短時間睡眠で大丈夫な人もいるんですね。

睡眠をとる上で大事なことは自分に合った睡眠時間を知ることです。

今まで生活してきて「何時間寝ないと体の調子がよくない」と自分で気づくことが大事なんです。

もし気付いていない人は1週間ごとに睡眠時間を変えてみてはいかがでしょうか。

その中で集中力が高い日やすっきり起きられる日を記録してみてください。

 

余談ですが読書は睡眠に良いみたい。

関連記事

お金持ちほど本を読むって本当?読書量と収入は比例するのか
こんにちは。あじふらい(@ajifri_blog)です。 お金持ちには読書好きが多い! と、皆さんも聞いたことがありますよね? 事実、ビル・ゲイツやマーク・ザッカーバーグ(Facebookの創業者)、ジェフ・ベゾス(Ama...

 

仕事がうまくいかなかったら寝ましょう(笑)

よろしければクリックで応援お願いします↓

にほんブログ村 投資ブログ お金(投資)へブログランキング・にほんブログ村へ




コメント

タイトルとURLをコピーしました