【2021年最新版】大手スマホ各社新料金プランを徹底解説!MVNOとの比較も

smartphone-price-comparison生活情報

菅首相が実現に意欲を示していた大手スマホキャリアの値下げ問題。

さて、2021年1月13日にKDDIが「povo」を発表したことで全キャリアの新料金プランが出揃いました。

私は「mineo」を利用しているのですが、今回の新料金はこれと比べてもとても魅力的に感じます。

月々5,000円くらいかなと思ったら3,000円以内に収まっているなんて。

今回は大手3社が打ち出した新料金プランと、MVNOは結局どうなの!?という疑問について解説していきます。




新料金プラン比較表

あじふらい
あじふらい

今回発表された新料金プランの概要を表にまとめてみたよ!

NTTドコモソフトバンクKDDI
プラン名ahamo(アハモ)LINEMOpovo(ポヴォ)
月額料金2,700円2,480円2,480円
データ容量(月)20GB
制限時の速度1Mbps
国内通話料1回5分以内まで無料月額+500円で1回5分以内まで無料月額+500円で1回5分以内まで無料
キャリアメール使用不可
申し込み方法オンライン限定
契約手数料無料
提供開始(予定)2021年3月

 

料金を比較して分かる通り、KDDIとソフトバンクが2,480円と他より500円安いことがわかります。

しかし、この料金にはahamoに含まれている「かけ放題サービス」が含まれていないんです!

もし1回5分までの通話無料サービスをつける場合、+500円の追加料金がかかるため、2,980円になりますね。

そう考えるとahamoが1番安くなります。

ですが最近はLINE通話のみ使うという人も多く、音声通話を使わない人であればKDDIの料金が1番魅力的かもしれません。

 

なお、SoftBankのLINEMOはLINE通話も使い放題だそう(月間データ通信量を消費しない)。

若い人には人気が出そうなプランですね。

 

データ容量もそれぞれ20GB。

お申し込み方法もオンラインのみ。

店舗でお申し込みできないので注意が必要です!

また、キャリアメールを使うことができなくなります。

そのため、今までキャリアメールでログインしていたアプリなどはログインできなくなるので、確認してからお申し込みするようにしましょう。

 

結論を言うと、この3プランはそこまで差はないと言えますね。

あじふらい
あじふらい

最初に発表したahamoに他2社が合わせた感じかな??

 

MVNOとの比較

ん?こんなに安いプランを出したらMVNOは大丈夫なの??

はい、私もそう思いました。

そもそもMVNOは大手3社と比べた時の価格の安さから選ばれていました。では価格が安くなった今、どちらを選ぶべきなのでしょう?

ここからはMVNOとの比較をしていこうと思います。

mineo(マイネオ)

なんと私が利用しているmineoが!

1月27日に新料金プラン「マイピタ」を発表しました!

料金はこちら↓

mineo-new-price

引用:mineo 料金表(基本)より

※通話30秒ごとに20円

あじふらい
あじふらい

おおお!めちゃめちゃ安い!

マイピタが発表された時は思わずマジか!と言ってしまいました(笑)

大手3社が掲げた20GBの新料金プランと比較しても、1,980円なので1,000円安いですね。

これは現行プランから最大6割程度の値下げだそう。

mineoさん、やりますね。

これまで私は6GBで2,280円というプランを利用していました。

それを10GBに増やしても1,780円に安くなるということですね。

mineoユーザーとして、待っていてよかった。。

なお、元々mineoを契約している人が新料金を適用させるには手続きが必要なので、早めに終えましょう!(マイページから可能です)

 

楽天モバイル

次に楽天モバイルを見てみましょう。

楽天モバイルも1月29日、新料金プランを発表してきました。

その名もRakuten UN-LIMIT VI!

楽天モバイル
プラン名Rakuten UN-LIMIT VI
月額料金月間データ利用料によって料金が変化

1GB以下:無料

1〜3GBまで:980円

3〜20GB:1,980円

20GB以上:2,980円

国内通話料Rakuten Linkアプリで国内通話無料
制限時の速度1Mbps
キャリアメール2021年夏提供予定
申し込み方法オンライン・店舗
契約手数料無料
提供開始2021年4月より

特徴は使用したデータ容量によって毎月の料金が変化すること。

なのでヘビーユーザーもライトユーザーもこれを契約すれば問題なし!というプランです。

しかも、1GB以下なら0円という太っ腹っぷり。

通話に関してもRakuten Linkアプリを使えば通話料なしです。

 

大手キャリアの値下げと比べても割安感がありますね

実際このプランに魅力を感じた人が多かったようで、発表直後に申し込みが殺到したようです。




UQモバイル

お次はauのサブブランド、UQモバイルです。

uqmobile-price

引用:UQモバイルくりこしプランより

UQモバイルは回線の強さが売りのMVNO。

KDDIに統合されたことにより、au回線をそのまま使うことができるため、ネットワークがつよつよなんです!

それなのに月額料金もKDDIが打ち出した「povo」に負けず劣らずですよね〜

さらにUQモバイルはUQスポットというリアル店舗も200ほど存在し、新規受付だけでなく修理サポートも行ってくれるという待遇の良さ!

あじふらい
あじふらい

UQモバイルすごいです、、

 

ワイモバイル

最後はワイモバイル。

ワイモバイルはSoftBankのサブブランドです。

プラン名シンプルSシンプルMシンプルL
月額料金1,980円2,980円3,780円
データ容量(月)3GB15GB25GB
データ増量 キャンペーン+1GB+3GB+3GB
制限時の速度300kbps1Mbps
家族割引・光回線とセット割引毎月1,080円割引
国内通話料20円/30秒
キャリアメール使用可能
申し込み方法オンラインと店舗
契約手数料オンラインだと無料/店舗だと3,000円

 

特徴としては、小容量プランなら月2,000円を下回ることです。

もしアハモ(ahamo)やLINEMOのように20GBもいらないよ、という方にはおすすめですね。

 

大手3社と異なる点は、店舗でのお申し込みが可能なこと・キャリアメールが使用できることです。(ただし、店舗でのお申し込みは手数料3,000円がかかります)

店員に相談しながら契約することも、なにか不備があったときのサポートも可能となります。

 

特典として、ワイモバイルは契約すると1年間無料のデータ増量オプションがつきます。

さらに家族割引や光回線のセット割引も設けられているのもいいですね。

 

最後に

この大手3社の新料金プランは思っていたよりも安かったのでびっくりしました。

なんせ今まで10,000円以上払っていた人は、乗り換えると7,000円近く安くなってしまうのですから。

MVNOが苦しくなるかな〜と思っていましたが、すぐに新プランを発表していてユーザーとしては悩みどころ。

というかもともとMVNOや格安SIMがあるんだから大手キャリアの値下げをそこまで進める必要はなかったのでは??と思います。

 

当記事が料金プラン見直そうと思っている人の助けになれば幸いです。

それでは!

よろしければクリックで応援、お願いします↓

にほんブログ村 投資ブログ お金(投資)へブログランキング・にほんブログ村へ




コメント

タイトルとURLをコピーしました