居酒屋に来たヤベーやつの話。バカとは関わらないのが1番いい笑

fightあじふらいの雑談

私は昔居酒屋でバイトをしていたのですが、いまだに覚えているヤベーやつの話をします。

世の中にはこんな人がいるんだな、と思っていただければ生きる糧になるかと思います(笑)

世界の広さが実感できますね。




経緯

私が働いていた居酒屋は価格設定がとても低く、とにかくいろんなお客さまがいらっしゃるお店でした。

私は料理が好きなのでキッチンもホールも両方担当していたのですが、その日はキッチンをしていましたね。

私を含めたキッチン2人、ホール2人で回していたら、ホールの人からこんなことを言われたんです。

「今来てる客がコンビニで買ってきた缶ビール飲んでるんだけど注意した方がいいかな?」

えっ???てなりましたね。

もちろん私の居酒屋は持ち込み禁止です。というかコンビニで買ってきたビールを飲める居酒屋なんてあるのか(笑)

「いや、普通にダメだろww注意しなよ」と言ったのですが、その日のホールはどちらも女の子だったので注意しづらかったようで、「代わりに注意してよ〜!!」と言われました。

もしそいつがヤバいやつだった場合、女の子が注意したら素直に受け入れてくれるかわからないじゃないですか?なのでここは男である私が言った方が効果があると判断して、私が注意することにしました。

今考えると嫌な役回りだな(笑)

ですが時間もラストオーダー間際だったので、退店時に注意することにしたんです。




そして退店時、私はその人たち(3人の男)へ向けてこう言いました。

「缶ビール持ち込みしていましたよね?ここは持ち込み禁止なので次回以降はしないでくださいね」

すると1人のお兄さん(男性Aとします)がこう言ったんです。

「してませんけど?」

ん?ってなりましたね。私が見た時は確かに缶ビールを飲んでいましたし、空き缶もテーブルの上にあったんです。

飲んでただろ絶対wwと思いながら、私はこう返しました。

「えっ?飲んでるの見ましたよ?」

と言うと、もう1人の男性(男性Bとします)が「もう帰るぞ」と言って、帰ってしまったんです。

 

その後はいつも通り締め作業をして、さあ帰るか〜と思っていたその時、なんと男性Aが店に入ってきて私にこう言ったんです。

「お前調子乗ってんだろ?ちょっと表出ろや?」

ファっ??もしかして呼び出し??

呼び出しをくらうなんてここは高校かな?と思いましたね(笑)




ここからが本番

はい、ここからが本番です。

呼び出しをくらうという今時の高校生でも体験しないような出来事に戸惑いながら外へ出ると、男性A・Bにこう言われました。

「さっきの言い方なんだよ?俺たちが持ち込みしてたっていう証拠でもあんのかよ?え??」←はっきりと覚えていないがこんな感じ

一度退店した後に来たということはもう空き缶は捨ててあるし店内にカメラもないため、証拠はないな。

と思っていましたが、持ち込んでいたのは確実なので

「いや、証拠はないですが飲んでるところ見ましたし空き缶もテーブルの上にありましたよね?」

と言うと

「見間違いだったらどうすんだよ?あ??」←めっちゃ顔近い

と言われ、そこで私もカチンときてしまい、

「空き缶をなにと見間違えるんだよww」

と返しました。

そこからは相手も私もヒートアップ。口論は堂々巡りとなり、結局はホールの女の子に店長を呼んでもらう羽目になりました(その日店長は休みだった)

すまん店長ww




店長が到着すると、口論をしていた私たちを見て、

「とりあえずお前たち(店側の人)は店内に戻れ」と言われました。

そこで店長がなにを話していたのかはわかりませんが、おそらく「今回のことはすまん。指導しとくから帰ってくれ」というような話をしたのでしょう。

その後やべー奴らを帰し、店長が戻ってくると、待機していた私たちに「ああいう人は一定数いるから、気をつけてな」と言われました。

もう天使に見えましたね店長がww

その後は店長と私たちで少し話し合いをし、解散したんです。

今日のことは全て忘れて家でビールでも飲もう。と思って帰っていたその時、一緒にいたホールの女の子から電話が来たんです。

「店長がさっきの奴らに絡まれてるから戻ってきて!!!」

第2ラウンド開始www




第2ラウンド

私が戻ると、店長が先程の3人組に絡まれてもみくちゃにされていました←(帰ってた1人が戻ってきてた)

おいおい、どんだけ暇人なんだこいつらww

と心の中でつぶやいていると、駅前でその出来事が起こっていたこともあり、警察が駆けつけたんです。

なんでも、ホールの人と一緒にニコニコして帰っていたのが気に食わなかったらしい(笑)

警察もいる中、私はこう言ってしまいました。

「まあ、君たちがそう言う人間に育ってしまったのは君たちが悪いんじゃないよ。そうなるように育てた家庭環境が悪いから。つまり親のせいだね」

この一言にやべー奴らはさらにヒートアップ(笑)。後から店長に相手を煽る発言をするんじゃないと怒られたのを覚えています。

しかしこうなるとやべー奴らはもう止まりません。

この状況を判断して警察と店長が私にこう提案しました。

「もう折れて謝ろっか?」




え?俺が謝るの??ww

当時はこう思いましたが、今ではこの判断は正しかったと思えます。

時間の無駄ですもん。

しかしバカとは関わってはいけないという言葉を知らなかった私はこの警察にもカチンときてしまい、

「どう考えてもあっちが悪いのに、正しいことをした俺たちが謝らなきゃいけないなら警察が存在してる意味あります?なんのために警察になったんすか?」

と言ってしまいました。

すまん警察www

 

そしてこの後は結局私が折れて謝ることになったのですが、なんともモヤモヤが消えない展開になったなあと思いましたね。

というか3人も集まってんのにまともな人が1人もいないことがヤベーな、と思いました(笑)

類は友を呼ぶとはこのことかww




結論

結論を言うと、「あっ、おれって環境に恵まれているんだな」と思うことができました。

周りの環境は私たちには選ぶことができません。

特に学生の時には。

付き合う友達選びはとっても大事ですよ!みなさん参考にしてみてください。

「私の言い方も悪かったのかなあ」と今では考えたりすることもありますが、知能の低い人間がすることは怖いですね。

 

バカとは関わらないのが1番

よろしければクリックで応援お願いします↓

にほんブログ村 投資ブログ お金(投資)へブログランキング・にほんブログ村へ




コメント

タイトルとURLをコピーしました