S&P500をわかりやすく解説!最強の投資はこれで決定

s&p500-strong投資信託

こんにちは!あじふらい(@ajifri_blog)です。

投資をしている人なら誰もが知っている言葉

「S&P500」

米国株にまとめて投資ができるとして有名な株価指数ですね。

しかし、詳しく知らないという人も多いのではないでしょうか。

今回は「S&P500」とは何か、なぜこんなに高い成果を上げているのかについて徹底的に解説しようと思います。




S&P500とはなにか

S&P500-tya-to

S&P500は米国を代表する大企業500社で構成されています。

その構成銘柄の中にはGAFAM(Google、Apple、Facebook、Amazon、Microsoft)も入っています。

この企業は誰もが利用しているのではないでしょうか。

最近はおばあちゃんですらiphone使っている人もいますしね。

 

あじふらい
あじふらい

逆に使っていない人がいたら見てみたいくらいです。

 

GAFAMは巨大企業なので、この5社だけで構成比率の22%を占めているんですよ!

 

株価の伸びもこの通り右肩上がり。

s&p500-gurah

1990年には600ドルだったのが、2021年には4200ドルに。

2011年からのパフォーマンスを比べると、4.5倍にもなります(円建て)

ちなみに日経平均株価は2.8倍。

世界全体の株価を示す「MSCI全世界株価指数」は2.9倍です。

ほかの指標と比べても圧倒的にパフォーマンスが良いことがわかりますね!

 

もしS&P500に2011年から毎月1万円をつみたてていたらどうなっていたのでしょう。

計算すると2021年5月には約290万円になっていました。

普通に貯金すると125万円なので、2倍以上の差がありますね。

あじふらい
あじふらい

これはすごい(笑)

 

投資の神様と言われるウォーレン・バフェット氏も

「一般投資家なら個別株よりもS&P500に投資した方が賢明だ」

と言っています。

米国を代表する企業に幅ひろ〜く分散投資することができる、とても優秀な株価指数です!




S&P500が強い理由

なぜこんなにもS&P500は強いのでしょうか。

その理由をわかりやすく解説していきます!

理由①:選定基準が厳しい

S&P500の選定基準は下記の通り。

S&P500選定基準

  • ナスダック市場に上場している米国企業
  • 時価総額118億ドル(約1.2兆円)以上  ※2021年5月現在
  • 浮動株比率50%以上
  • 4四半期連続で黒字

 

あじふらい
あじふらい

とっても厳しいですね

まず、時価総額1.2兆円以上というのはかなり大きな会社です。

ちなみに東証1部で1.2兆円以上の企業は120社しかありません。

S&P500の市場規模の大きさがわかります。

 

・浮動株とは

浮動株とは、発行されている株式の中で大株主などに保有されておらず、市場に流通し売買される可能性が高い株式のことです。

なので、「浮動株比率50%以上」という基準があることで市場での流動性を確保しているんですね。

 

理由②:構成銘柄が常に入れ替わる

上記の通り、S&P500は4四半期連続で黒字という基準もあります。

これを達成できない企業は排除され、別の企業が組み入れられるのです。

業績のよい企業が常に組み入れられているので、常に市場の新陳代謝を促していることになります。

最近も銘柄が入れ替わりましたよ!

S&P500に新規採用された4銘柄と除外された4銘柄

The Motley Foolより

 

理由③:構成銘柄が幅広い

S&P500はNYダウやナスダック総合指数に比べて幅広い銘柄を取り入れています。

 

NYダウとの違い

NYダウは「ダウ平均」などと呼ばれていますよね。

S&P500と同じでNASDAQの上場銘柄で構成されています。

しかしその数は30銘柄だけです。

業種は確かに幅広いですが、比率が偏っているため、上位10銘柄の価格変動に大きく影響されます。

 

ナスダック総合指数との違い

ナスダック総合指数は、NASDAQに上場する全銘柄で構成されています。

その数は3200越え!(2021年6月時点)

しかし、その構成銘柄は新興企業やハイテク企業が多いです。

そのため、その時点での半導体市場に値動きが左右されやすくなります。

 

NYダウやナスダック総合指数と比べて、S&P500はアメリカ経済全体にまるごと投資できると言えます。




eMAXIS Slim 米国株式(S&P500)に投資しよう

いかがでしたか?

S&P500が強い理由について解説してきました。

私は実際にS&P500に投資ができる、eMAXIS Slim 米国株式(S&P500)を購入しています。

これまでに説明してきた理由に加え、アメリカという国のポテンシャルも考えています。

世界中から優秀な人材が集まり、新興企業が続々と生まれていくアメリカ経済はすごいと思います。

日本は人口が減っていますし、比較にならないですね。

 

とは言いながら、私はどちらの評価額が高くなるのか実験的につみたて投資をしています。

それが下記の記事↓

ひふみプラスとeMAXIS Slim米国株式 成績が良かったのはどっち?【6ヶ月後の評価額】
こんにちは!あじふらい(@ajifri_blog)です。 今回はひふみプラスとeMAXIS Slim 米国株式(S&P500)、つみたて後6ヶ月後の評価額を公開しようと思います。 どちらも投資信託では人気銘柄。 同...

どちらに投資しようか迷っている方は参考にしてみてくださいね。

 

関連記事

【つみたてNISA】1年5ヶ月後の運用成績を公開!やっと評価額60万超えた(笑)
こんにちは。あじふらい(@ajifri_blog)です。 今回はつみたてNISAを始めて1年5ヶ月後の成績を公開しようと思います。 先月に引き続きリターンは上がっているのでしょうか? この記事を読むと 運用してい...

 

S&P500に投資しておけば大丈夫だっっっ

よろしければクリックで応援お願いします↓

にほんブログ村 投資ブログ お金(投資)へブログランキング・にほんブログ村へ




コメント

タイトルとURLをコピーしました