社会人の勉強時間はたった6分だけ!「低年収」が勉強していないは本当?

生活情報

あなたは「勉強」という言葉にどんなイメージを持っていますか?

学生が親に言われて嫌々やらされているもの、面白くないもの、というネガティブなイメージが多いのではないでしょうか。事実、勉強が好き!という人は私の周りには少ししかいません。

そもそも社会人になると勉強が本業である学生とは違い、学習する時間をうまく確保できない人もいるでしょう。このままではだめだと思い立って勉強を始めてみても、三日坊主で終わってしまう人もいるはず。しかし、実は「年収」と「勉強時間」は結びついていることをご存知ですか?

今回は、そんな社会人の勉強時間について紹介していきます。




 

社会人の1日の勉強時間は?

読書

それでは、あなたの同僚や友人は1日どれくらい勉強しているのでしょう?

平成28年に総務省が行った社会生活基本調査によると、社会人の平均勉強時間はなんと6分でした(笑)。え?6分?流石に少なすぎない?と思いましたが、1日全く勉強していない人もいれば何時間も勉強している人もいるわけで、平均するとこの数字になるということですね。というか、6分はそもそも勉強しているうちに入るのでしょうか?

参考:平成28年社会生活基本調査

 

世界一勉強していない日本人

さらに日本人は世界でも一番勉強していないことがわかりました。

sekaiitibennkyousinai

上記表はOECDによる25歳以上の社会人が短期高等教育機関に入学している割合を調べたものです。日本は平均を大きく下回る4.6%。先進国の中で最も勉強している社会人が少ないことがわかりました。

もちろん短期高等教育機関に入学してる人だけが「勉強している人」に分類されるわけではないですが、それにしても低すぎる数字ですよね。これは日本が年功序列、終身雇用といった勉強をしなくても稼いでいけるシステムになっているからであり、さらに、勉強をしたとしても直接収入の差で現れることが少ないため、そもそも意欲が薄れてしまうからだと思います。

出典:Newspicks 人生100年時代の大人の学び

 

しかし、この終身雇用もコロナショックの影響で終わりを迎えつつあります。終身雇用では長く働いている人ほど貴重とされていましたが、リモートワークが主流になったことによって「成果」が重視されるようになりました。リモートワークは給料が高いのに働いていない人を浮き彫りにしたからです。企業にとっても長く働いているからという理由で高い給料を支払うよりも、「成果」を出している人に高い給料を支払いたいですよね。

40代や50代の中間管理職の方達は終身雇用のレールに沿って働いてきたので、新しい知識を必要としない人も多いはず。しかし成果を重視する社会に変わりつつある今、”勉強をしている新社会人”よりも存在価値がない”上司”がたくさん生まれているのです。




 

そもそも勉強とは何を指すのか

これからは能力別に評価されるため、勉強がどれだけ大事なのかということが理解できたと思います。

しかし勉強と一口に言っても、何を持って勉強と判断するのでしょうか。知識をつけること?読書?その人によって勉強とは何か様々な意見があると思いますが、私は「自分が何をすべきか考える能力を身につけることができる」ことだと思っています。

知識をつけることももちろん勉強だと思いますが、スマホが普及している今、検索すればすぐに必要な情報は見つかります。もちろん生きていく上で最低限の知識は身につけなければならないでしょうが、将来はどんな業界が伸びるのか、何が要らなくなってくるのか、自分は将来何をしたいのか、をいろんな視野から判断できるようになるために勉強をするのだと、私は考えています。

 

読書

将来はどのように変化していくのかを予見するには知識が必要ですし、その知識をつなぎ合わせる論理的な考えも必要になってきます。そのためにも読書は勉強に効果的かもしれません。読書は筋道立てて考える練習にもなりますし、文章で人に”伝える能力”も身につきます。

さらに読書にはストレスを減らし、記憶力を高める効果も発表されています。知識がつくだけでなく健康面でもメリットがあることが科学的に認められているのです。なにかとストレスが多い社会人、寝る前の15分ほど読書をすることで日々の仕事も充実するかもしれませんよ!

 

YouTube

だれでも手軽に無料で勉強できるツールの1つとしてyoutubeも有名でしょう。

最近はエンタメ動画だけではなく、ビジネス系youtuberや教育系youtuberも多く出てきています。私も最近勉強するためにyoutubeを見ていますが、中学や高校の時にこの動画が見れたらなあ、と思うことは多々あります。動画で説明してくれるのでわかりやすいし、あとから何度も見直せるのがyoutubeの強みですよね。

勉強に役立つyoutubeをいくつかピックアップしてみました!

教育系youtuber

  • 中田敦彦のYoutube大学
  • メンタリストDaigo
  • Try IT(学生向け)
  • ドラゴン桜チャンネル(学生向け)

ビジネス系youtuber

  • マコなり社長
  • ホリエモンチャンネル
  • イケハヤ大学

英語学習youtuber

  • AK-English
  • バイリンガール英会話

学生だけでなく社会人向けの動画もたくさん上がっているので、外出自粛で家に引き籠りっぱなしという方はこれを機会にぜひ見てみてください。

 

勉強時間と年収の関係

実は年収が高い人ほど勉強していることがデータとしてわかっています。

プレジデントによれば、仕事以外の時間も勉強していますか?との問いに対して年収2,000万円以上の人は69.2%の人がYESと答えました。しかし年収500万円の人は41.2%にまで下がってしまったのです。(参照:プレジデントオンライン

年収2,000万円の人の約7割の人が勉強しているのに対し、年収500万円の人だと半分以下にまで減ってしまうのですね。

 

リクルートの調査によると、社会人の6〜7割の人が勉強しておらず、さらに勉強している人でも1週間で平均4時間の人が1番多いのです。1週間で4時間だと1日30分ですね。(参照:社会人の自主的な学習の実態

ここまで読んできたあなたならわかると思いますが、毎日30分以上勉強するだけで、周りにいる社会人を簡単に超えることができるのです。勉強方法は読書でもよいし、youtubeでビジネスの勉強をしたり英語の勉強をしたりたくさんあります。

勉強しないと貧乏になるとまでは言わないですが、年収を上げるためにも日々の勉強は必須であると言えます。毎日の意識が大切なのですね。簡単にできることを1つずつやっていきましょう!




 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました