日本の社会人の勉強時間はたった6分!「低年収」ほど勉強していないは本当?

社会人の勉強時間あじふらいの雑談

こんにちは。あじふらい(@ajifri_blog)です。

あなたは「勉強」という言葉にどんなイメージを持っていますか?

学生が親に言われて嫌々やらされるもの、おもしろくないもの、というネガティブなイメージが多いのではないでしょうか。

事実、勉強が好き!という人はあまり見かけないですよね?

しかし、実は「年収」と「勉強時間」は結びついていることをご存知ですか?

今回は

  • 社会人の1日の勉強時間
  • 社会人が勉強をしない理由
  • 年収と勉強時間の関連性

について紹介していきます。




社会人の1日の勉強時間は?

読書

実際、あなたの同僚や友人は1日どれくらい勉強しているのでしょう?

平成28年に総務省が行った社会生活基本調査によると、社会人の平均勉強時間はなんと6分でした。

あじふらい
あじふらい

え?6分?流石に少なすぎない?

と思いましたが、よーく考えてみれば1日全く勉強していない人も多いので、この数字には納得です。

あじふらい
あじふらい

というか、6分はそもそも勉強しているうちに入るのかな?

 

世界一勉強していない日本人

さらに日本人は世界でも一番勉強していないことがわかりました。

世界一勉強しない国

出典:Newspicks 人生100年時代の大人の学び

上記表はOECDによる25歳以上の社会人が短期高等教育機関に入学している割合を調べたものです。

日本は平均を大きく下回る4.6%。先進国の中で最も勉強している社会人が少ないことがわかりました。

 

もちろん短期高等教育機関に入学してる人だけが「勉強している人」に分類されるわけではないですが、それにしても低すぎる数字ですよね。

こんなにも日本の社会人が勉強していない理由は一体何なのでしょうか?

 

日本の社会人が勉強をしない理由

日本の社会人が勉強をしない理由は主に2つあります。

  1. 年功序列・終身雇用という楽なシステムがあるから
  2. 何を勉強すればいいかわからない

 

まず1つ目、日本は年功序列・終身雇用といった勉強をしなくても稼いでいけるシステムになっているからです。

勉強しなくても将来が決まっているので一度就職してしまえば切磋琢磨する必要がない。

さらに年功序列制度で時間が経てば勝手に給料が増えていくので、給料を上げるためにスキルアップを目指す必要もないんです。

ですが最近は終身雇用が崩壊するのでは?とささやかれています。

トヨタ自動車の豊田章男社長も「終身雇用の維持は難しい」と発言するなど、見直しの声が上がっているのです。

 

2つ目は「何を勉強すればいいかわからない」という理由です。

リクルートワークスの2018年のレポートによると、勉強をしない理由の1位に「あてはまるものがない:51.2%」という回答がありました。

あじふらい
あじふらい

なるほど、確かに収入アップにつながらないことを勉強しても意味はないですよね。

また、「勉強しても収入が増えない」「勉強して昇進しても責任が重くなるばかりで給料は増えない」といった理由もありました。

勉強に費やした時間が自分にプラスにならないなら、勉強する意味もなくなってしまいますよね。

 

そもそも勉強とは何を指すのか

日本人が勉強していないことがわかりましたが、そもそも勉強とは何を指すのでしょうか。

知識をつけること?読書?その人によって勉強とは何か様々な意見があると思います。

ですが私は「自分が何をすべきか考える能力を身につけること」だと思っています。

知識をつけることももちろん勉強だと思いますが、スマホが普及している今、検索すればすぐに必要な情報は見つかります。

もちろん生きていく上で最低限の知識は身につけなければならないでしょうが、

  • 将来はどんな業界が伸びるのか
  • 何が不必要になるか
  • 自分は将来何をしたいのか

をいろんな視野から判断できるようになるために勉強をする必要があると私は考えています。




勉強時間と年収の関係

実は年収が高い人ほど勉強していることがデータとしてわかっています。

プレジデントによれば、仕事以外の時間も勉強していますか?との問いに対して年収2,000万円以上の人は69.2%の人がYESと答えました

しかし年収500万円の人は41.2%にまで下がってしまったのです。

年収2,000万円の人の約7割の人が勉強しているのに対し、年収500万円の人だと半分以下にまで減ってしまうのですね。

 

さらにリクルートの調査によると、社会人の6〜7割の人が勉強しておらず、勉強している人でも1週間で平均4時間の人が1番多いのです。(参照:社会人の自主的な学習の実態)

社会人の6割が全く勉強していないのは驚きですね。

勉強している人でも1週間で4時間ということは1日約30分ほどになります。

ということは、毎日30分以上勉強するだけで、周りにいる社会人を簡単に超えることができるということです。

 

簡単にできる勉強法は?

とはいえ、社会人は仕事に追われ毎日多忙の日々を過ごしています。

そこで、ここからは誰にでも簡単にできる勉強法を紹介します。

読書

将来どのように変化していくのかを予想するには知識が必要ですし、その知識をつなぎ合わせる論理的な考えも必要になってきます。

そのためにも「読書」は勉強に効果的かもしれません。

読書は筋道立てて物事を考える練習にもなりますし、”文章で人に伝える能力”も身につきます。

さらに読書にはストレスを減らし、記憶力を高める効果も発表されています。

知識がつくだけでなく健康面でもメリットがあることが科学的に認められているのです。

なにかとストレスが多い社会人、寝る前の15分ほど読書をすることで日々の仕事も充実するかもしれません。

私が今までに読んできた本はこちら↓

 

Youtube

だれでも手軽に無料で勉強できるツールの1つとしてyoutubeも有名です。

最近はエンタメ動画だけではなく、ビジネス系youtuberや教育系youtuberも多く出てきています。

私も勉強するためにyoutubeを見ていますが、中学や高校の時にこの動画が見れたらなあ、と思うことは多々あります。

動画で説明してくれるのでわかりやすいし、あとから何度も見直せるのがyoutubeの強みですよね。

下記記事でおすすめのビジネス系youtuberを紹介しているので、ぜひ見てみてください!

【無知は損】『お金の勉強』をするためにおすすめのyoutubeを紹介!
こんにちは。あじふらい(@ajifri_blog)です。 突然ですが、人が生きていく上で必要不可欠なものはなんでしょうか? はてなさん 「お金」じゃないの? あじふらい ...

 

結論

勉強

結論、毎日30分勉強するだけで周りに簡単に差がつけられるということです。

その勉強方法は読書でもいいし、youtubeでビジネスの勉強をしたり英語の勉強をしたりでもいいのです。

大事なのは続けること!

毎日続けることで少しずつ周りと差がついてきます。

まずは簡単に始めることができる読書やyoutubeから始めてみてはいかがでしょうか?

 

よろしければクリックで応援お願いします↓

にほんブログ村 投資ブログ お金(投資)へブログランキング・にほんブログ村へ




コメント

タイトルとURLをコピーしました