永遠のテーマ!住まいは持ち家と賃貸、どっちを選ぶべき?〜資産編〜

manshon生活情報

不動産の仕事をしていると必ず聞かれることがあります。

それが、持ち家と賃貸はどちらがいいの?という質問です。

これは何年も前から語られてきたテーマであり、はっきり言って答えはありません。

しかし、それぞれのメリットとデメリットを把握すると、どちらが自分の生活に合っているのかを選択することはできます。

今回は持ち家と賃貸のメリットとデメリットを「資産」と「ライフプラン」の2つの観点から見ていきます。

当記事ではまず「資産」の面から見ていきましょう。




 

家は資産になりうるか

sisan-hudousan

持ち家派のほとんどは、家賃をずっと払い続けるよりも購入してしまい、ローン完済後に資産にしたいと言います。

確かに、ローン完済後に家は資産となっているでしょう。

賃貸に出して家賃収入を得ることも可能ですし、まとまった資金を得たい場合は売却することも可能です。

そもそもずっとその家に住むのであれば、賃貸にかかる家賃を払い続ける必要がありません。固定資産税・都市計画税は払い続ける必要がありますが、家賃に比べるとずっと安い金額です。

 

しかし、ローン完済後に資産になっているとしても、それは購入時よりだいぶ価値は下がっています。

なぜなら、住宅ローンは35年という長期債務で組むものであり、35年後にその家がどうなっているかは誰にも想像がつきません。

想像がついたとしても、現在よりピカピカで真新しい雰囲気ではないことは誰の目にも明らかです。都心の一等地であるならまだしも、田舎に建てた物件であれば資産価値は確実に下がっていると思って良いです。

さらにこの35年間、あなたは健康に仕事も順調にこなし、ローンを支払い続けることができると言い切れますか?

今年コロナウイルスが流行し、航空業界や飲食業界は大打撃を受けました。その結果、給与が下がったりボーナスが削減されたり、最悪リストラされた人もいます。

資産価値で最近語られがちなのは異常気象についてもあります。去年は台風被害で武蔵小杉のタワーマンションが被害を受けました。エレベーターがストップしたり、下水が逆流したりなどの衝撃的な映像が流れていましたね。

タワマン最強説はあの一件で完全に崩れてしまいました。現在、武蔵小杉のタワーマンションの価値はそこまで下落していませんが、人気がなくなったのは事実です。コロナ不況の波もこれからやってくると考えると、じわじわと資産価値は下がっていくのでは、と私は思います。

つまり何が言いたいかというと、今後35年間で何が起こるかは誰にも予想がつかないのです。

住宅ローンを支払い続ける35年間、どんな苦労があってもこの家が欲しいんだ!という固い意志があるのであれば賃貸よりも購入してしまった方が良いでしょう。

 

※上記はあくまで持ち家を資産として考えている場合です。そもそも資産として考えていないよ!という方には当てはまらないのでご注意ください。

 

持ち家のメリット・デメリット

持ち家のメリットとデメリットを紹介していきます。

持ち家のメリット

資産として考えた時、メリットは3つあります。

  1. 住宅ローン完済後は老後に家賃を支払い続ける必要がない
  2. 賃貸や売却、もしくは子供に相続できる
  3. 万が一の時、団体信用生命保険でローンが完済される

この中で1番のメリットはローン完済後に家賃を支払い続ける必要がないことです。

修繕費や固定資産税という支出はありますが、それでも家賃を支払うよりはよほど安い金額です。

団体信用生命保険とは、ローン支払い者が亡くなった、もしくは高度障害となってしまった場合、保険会社がローンの残額を全額支払うというものです。

そのため、万が一の時に家族に不動産を残すことができます。

 

持ち家のデメリット

デメリットは3つあります

  1. 引越しできない
  2. メンテナンス費用・固定資産税がかかる
  3. 金額の負担が大きい

引越しできないことは資産価値の下落にもつながります。先ほども書いた通り、最近は異常気象が多発しています。

安全な地域に引っ越そうと思っても、賃貸なら簡単に引っ越せますが、持ち家となるとそうはいきません。不動産はそこから動かすことはできないので、それも考えた上で購入するようにしましょう。

また、住宅ローンは一生の中で最高額の買い物です。

毎月の収支を減らしたいなら頭金を多く出さなければなりませんし、長期負債となるのでもし途中で収入が減ってしまったとしても支払いを続ける必要があります。

賃貸なら安い物件に引っ越せば良いのですが、持ち家にはある程度まとまった資金が必要かもしれません。




 

賃貸のメリット・デメリット

Makinami-manshon

ここからは賃貸のメリットとデメリットを紹介します。

賃貸のメリット

賃貸のメリットは2つあります

  1. 生活に合わせて引越しが可能
  2. 土地や家賃の下落リスクがない

賃貸のメリットはなんといっても生活に合わせて引越しが可能であることです。

もし収入が減ってしまった場合や転職する場合でも、その時自分に合った場所に住むことが可能な身軽さは持ち家にはないことです。

また、持ち家の場合、土地の価値が下がってしまうと売却益も下がってしまいますが、賃貸だと影響はないと言えます。

 

賃貸のデメリット

賃貸のデメリットは2つあります

  1. 一生家賃を支払い続ける必要がある
  2. 高齢になると借りられないケースがある

賃貸のデメリットは一生家賃を支払い続けなければならないことです。

持ち家なら住宅ローンを支払い後、支出は固定資産税とたまにかかってくるメンテナンス費用のみになります。

そのため、老後の収入が不安な方は若いうちに住宅ローンを支払って家賃に縛られない生活をとることが多いです。

また、老後は引っ越しもしづらくなります。審査に落ちたり、保証人が必要なケースが増えるからです。

老後のことも考えて、引越し可能なタイミングを見極めることが大切です。

 

持ち家と賃貸〜資産編〜 まとめ

持ち家にも賃貸にも、それぞれ良いところと悪いところがあることが理解できたかと思います。

冒頭にも書きましたが、この疑問には答えはありません

どちらを選んだとしても、あなたが幸せに暮らせる方を選べば良いのです。

次回は持ち家と賃貸についてライフプラン編を紹介していきます。

こちらの記事もぜひご覧ください。




 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました