投資信託買い増ししました。投資対象は米国株(S&P 500)とひふみプラス!

投資信託

こんにちは!あじふらい(@ajifri_blog)です。

毎月30,000円をつみたてNISAで運用している私あじふらいですが、今月から新たに投資信託を2つ購入しました!

つみたてNISAだけだと物足りなくなってしまったんですよね、、(笑)

今回は新たに購入した2つの銘柄について紹介していきます!

私のつみたてNISA運用成績は下記を参照ください。

【つみたてNISA】11ヶ月目(11月16日まで)の運用成績を公開!
こんにちは。あじふらい(@ajifri_blog)です! 投資初心者でも【長期・分散・つみたて】の3原則に則り運用可能なつみたてNISA。 今回はつみたてNISAを始めてから11ヶ月目の記事です。 つみたてNISAを運...




 

1、ひふみプラス

1つ目は「ひふみプラス」です。

毎月5,000円をつみたてることにしました!

 

ひふみプラスとは、これまで運用していた海外株式とは違い、おもに日本の成長企業に多く投資している投資信託です。

hihumi-sisanhaibun

hihumi-kumiiremiegara

出典:レオス・キャピタル・ワークス株式会社 運用報告書20200930より引用

 

上記の通り、2020年9月30日時点では国内株式に82.6%の構成となっています。

また、組み入れ上位10銘柄にも日本企業が多く、グローバル企業が入っていないことが特徴です。

肝心の基準価額はどうなっているかというと、下記の通り、右肩上がりとなっています。

 

hihuminoayumi

出典:レオス・キャピタル・ワークス株式会社 ひふみのあゆみより引用

今後の成長にも期待できそうですね!

 

もう1つひふみプラスには特徴があり、それがクティブファンド」であるということです。

アクティブファンドとは、企業独自の銘柄選定により株価指数以上の投資成績を狙う運用方法です。

これとは逆にインデックスファンドは特定の株価に連動した投資成績を目指すファンドのことです。

一般的にアクティブファンドはインデックスファンドには勝てないと言われています。

しかし、このひふみプラスは上記基準価額の推移から見ても、TOPIXを大きく上回っており、他のアクティブファンドとは違うことがわかります。

今後の成長企業に正しく投資することができているからなんですね。

 

これまではインデックスファンドや海外株式を選んでいましたが、アクティブファンドで国内企業に多く投資している銘柄も購入してみたくなったため、ひふみプラスを購入しました!

 

2、eMAXIS Slim 米国株式(S&P500)

amerika-money

2つ目は「eMAXIS Slim 米国株式(S&P500)」です。

ひふみプラスと同じく毎月5,000円をつみたてます。

 

こちらはつみたてNISAでも運用していますが成績が良いため、新たに投資信託でも購入しました。

eMAXIS Slim 米国株式(S&P500)はアメリカのS&P500指数に連動することを目指したインデックスファンドです。

言わずもがなですがアメリカは世界一の経済大国であり、世界の主要企業は総じてアメリカ企業となっています。

eMAXIS Slim 米国株式(S&P500)に投資するだけでアメリカの主要500企業にまとめて投資することができ、組み入れ上位10銘柄では名だたる企業が並んでいます!

emaxis-kumiirejoui-ten

出典 三菱UFJ国際投信 eMAXIS Slim 米国株式(S&P500) 月次レポートより引用

 

また、eMAXIS Slim シリーズは手数料が少額なため選びました!

長く運用していく商品なので、手数料が安いのは助かりますよね。

まとめ

これで毎月40,000円を投資で運用することになります。

これからの投資の方針としては、つみたてNISAと投資信託で少しずつ資金を増やしつつ、あとから米国個別株を買うという方針にしようと思っています。

今回は投資信託を追加購入しましたが、実はSBIネオモバを運用するか迷っていました。

ですが投資信託を選んだのには理由があります。それは次回の記事で紹介しようと思います!

それではまた!




 

コメント

タイトルとURLをコピーしました