【つみたてNISA】11ヶ月目(11月16日まで)の運用成績を公開!

tumitatenisa-eleven-monthつみたてNISA

こんにちは。あじふらい(@ajifri_blog)です!

投資初心者でも【長期・分散・つみたて】の3原則に則り運用可能なつみたてNISA。

今回はつみたてNISAを始めてから11ヶ月目の記事です。

  • つみたてNISAを運用している人の実際の成績が知りたい!
  • 実際にどの商品を買っているの?

という疑問をお持ちの方は是非参考にしてみてください。

 

つみたてNISAについて詳しく知りたいという方はこちらの記事をどうぞ!

【知っておきたい!】つみたてNISAって何?メリット・デメリットを教えて!
こんにちはあじふらいです! 知っていますか?最近つみたてNISAの口座開設をしている人が急増しているんです。 金融庁の発表によると、2020年12月末時点では302万8259口座となりました。 つみたてNISAと聞...




 

つみたてNISA11ヶ月目の運用成績(+29,992円、+9.99%)

2020年11月16日の評価額合計:329,992円

投資額合計:300,000円

損益率:+9.99%

先月よりも損益率が上がり、+9.99%となりました!約10%も資産が増えていることになります。かなりの好成績だと言っていいでしょう。

もしかすると私が選んでいる商品が良いのかもしれません(笑)

先月の損益率は7.73%だったため、これで2ヶ月連続でリターンが上がりました。

しかしこのまま順調に利益率が上がっていくことは考えづらいですし、つみたてNISAは20年間つみたてるため、答え合わせは20年後!今日どれだけリターンが多くても、20年後に値下がりしていたら意味がないことを忘れないでください。

私が実際に選んでいる商品につきましては後ほど紹介します!

 

eleven-month-shousai

11月16日時点での保有商品ごとの評価額は下記の通りです。

楽天・全世界株式インデックスファンドは110,216円

eMAXIS Slim 先進国株式インデックスは109,577円

eMAXIS Slim 米国株式(S&P500)は110,199円

どの商品も10,000円近く値を上げていますね。

 

11ヶ月目の値動きとその要因

11ヶ月目の1日ごとの値動きはこちらです

eleven-month-neugoki

10月末にかけてかなり下がっていますが、その後は徐々に回復していました。

上記グラフを見るとわかりますが、10月26日から29日にかけて、評価額は急落しています。

実はこの3日間でNYダウは1800ドルも下げてしまいました。

原因としては、ヨーロッパやアメリカの一部で新型コロナウイルスが再拡大していることや、アメリカ大統領選挙が近づいており、経済の先行きが不透明なことがあげられています。

 

しかし、その後11月2日から6日にかけて、急反発しました。

これは11月3日にはアメリカ大統領選挙が行われ、今後の経済対策の見通しが立ったこと(株価は不透明性を嫌う)が影響しています。

さらに11月9日にも大きく評価額が反発しています。

これは大手製薬会社のフェイザー社が開発した新型コロナウイルスのワクチンが、有効性90%以上との発表があったためです。もしもコロナウイルスの脅威がなくなれば世界中の経済制裁は緩和され、少しずつ元の生活に戻ることができますね!

 

実際につみたてNISAで購入している商品

ここからは私が実際につみたてNISAで購入している商品(銘柄)を紹介します。

つみたてNISAで購入可能な商品は投資信託、ETF(上場投資信託)を合わせると180もの商品があります。

この180ある商品は全て金融庁が定めた一定基準によって厳選されているため、粗悪な商品が含まれていることはありません。

しかし、投資初心者からしたら180の商品から選ぶのは至難の業ですよね。

そのため、何を買おうか迷っている方は私が実際に購入している商品を選べば大丈夫です!

 

  • 楽天・全世界株式インデックスファンド
  • eMAXIS Slim 先進国株式インデックス
  • eMAXIS Slim 米国株式(S&P500)

 

この3商品を選んでいる理由は主に3つあり、「世界中に分散投資ができること」「手数料が低いこと」「インデックスファンドであること」です。

 

1、世界中に分散投資ができること

分散投資ができる利点としては世界中の国に投資をすることにより、リスク分散できることがあげられます。もし1つの国だけに投資をした場合、その国の経済が落ちてしまったら、あなたの資産に大きなダメージがあります。しかし、投資対象を分散することにより、どこかの経済がダウンしても他の国でカバーできるというわけです。

また、地域のみ分散するのではなく、商品を分散(株式、投資信託、債券など)することも可能ですよ。

 

2、手数料が低いこと

つみたてNISAの商品は全て購入時手数料がかかりません(ノーロード)が、信託報酬という手数料がかかります。

信託報酬は商品ごとに0.1%のもあれば、1%かかる商品も存在します。

1%だと安いと思うかもしれませんが、めちゃくちゃ高いです。100万円を運用していた場合、年間で1万円を支払わなければなりませんが、0.1%だと1,000円で済みます。

もし20年間運用を続けるのであれば、この手数料の差は後々かなり大きな額になってくるので、なるべく手数料が安い商品を選びましょう。

 

3、インデックスファンドであること

「インデックスファンド」であることも商品選びの際に重要なポイントです。

インデックスファンドというのは特定の指標(TOPIXやNYダウなど)に基づいて同じ動きをするファンドのことです。

インデックスファンドのメリットはアクティブファンドよりも手数料が安く、初心者でもわかりやすいことがあげられます。

特定の株価と連動しているため初心者でも値動きを把握しやすく、手数料は平均するとアクティブファンドの半分以下となっています。

 

これらの理由を参考に、私は上記3つの商品を選びました。

この商品選びのポイントについては下記記事でも詳しく解説しているので、よければ参考にしてみてください!

【つみたてNISA】2020年版 おすすめ商品ランキングトップ3!
こんにちは!つみたてNISA運用中のあじふらいです。投資の初心者でも安定した資産を築けるよう、長期にわたり分散・つみたて投資ができる制度として誕生したのが「つみたてNISA」このつみたてNISAで購入できる商品は全て金融庁が定めた厳しい基準

 

つみたてNISA11ヶ月目まとめ

今月は今までで1番のリターンになっていたのでよかったです。

やはり新型コロナウイルスのワクチン開発が前進したことと、アメリカ大統領選挙の不透明感が払拭されたことが大きいですね。

来月はどうなっているか楽しみです。

あじふらい
あじふらい

皆さんも是非つみたてNISA始めてみてくださいね!

↓次回の成績はこちらからどうぞ↓

【つみたてNISA】12ヶ月目(12月15日まで)の運用成績を報告!
こんにちは!あじふらい(@ajifri_blog)です。 今年もついに12月になってしまいました。 つみたてNISAを運用し始めて、ちょうど1年です。 今回はつみたてNISA12ヶ月目の運用成績を報告します! これか...




 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました