【つみたてNISA】4ヶ月目(2020年4月15日まで)の運用成績を公開!

tumitatenisa-four-monthつみたてNISA

こんにちは!あじふらいです。

当記事ではつみたてNISA4ヶ月目の成績を公開していきます。

つみたてNISAを運用している人の成績が知りたい!本当に儲かっているの?という疑問をお持ちの方や、これから始めようと思っている方は是非参考にしてみてください。

また、私が実際に購入している商品も一緒に紹介していきます。

あじふらい
あじふらい

それでは見ていきましょう!



 

つみたてNISA4ヶ月目の運用成績(−15,350円、−17.06%)

2020年4月15日の評価額合計:74,650円

投資額:90,000円

損益:−17.06%

4ヶ月目もコロナショックの影響でマイナスに転じたままとなっています。

そして当月は出費が重なったため、つみたてをしませんでした。

自分の生活に無理のない範囲で続けられるのもつみたてNISAの魅力と言えますからね。

 

それでも3ヶ月目時点での実績が−26,399円だったため、10,000円近く回復しています(^ ^)

この調子で来月には±0くらいに持ち直していると良いのですが、、

 

保有商品ごとの詳細はこちら

121日後詳細

上記表は4ヶ月目の最終日(4月15日)の成績です。

一番右に書いている時価評価額が実際のリターンとなっています。

先月はNYダウ過去最大の下げ幅を記録しましたが、4ヶ月目では過去最大の上げ幅を記録しました。

いまだに株価の起伏が激しいようですね。

NYダウ2112ドル高 過去最大

引用:日本経済新聞 NYダウ、2100ドル超上昇 上げ幅過去最大

こんなジェットコースター相場では、株式市場で稼ごうとしている初心者には難しいでしょうね。

 

1日ごとの値動きはこちら

4ヶ月目の値動き

先月とは違い、緩やかに上昇していることがわかります。

3月25日にかなり回復していますが、これが先ほど書いたようにNYダウの過去最大の上げ幅を記録した日でした。

評価額で計算すると、1日で6,000円ほど回復しました。

この調子で来月にはマイナス分が回復しているといいですね。

 

実際に購入している商品

私が実際に購入している商品はこの3つ!

保有銘柄紹介

  • 楽天・全世界株式インデックスファンド
  • eMAXIS Slim 先進国株式インデックス
  • eMAXIS Slim 米国株式(S&P500)

この商品選びについては、下記のおすすめ商品ランキングトップ3に詳細を書いてありますので、是非参考にしてみてください!

【つみたてNISA】2020年版 おすすめ商品ランキングトップ3!
こんにちは!つみたてNISA運用中のあじふらいです。投資の初心者でも安定した資産を築けるよう、長期にわたり分散・つみたて投資ができる制度として誕生したのが「つみたてNISA」このつみたてNISAで購入できる商品は全て金融庁が定めた厳しい基準

 

また、これらの商品を選んだ理由が1つあるのですが、平均リターンとして5%程度を見込むことができるからです。

上記商品はすべてインデックスファンドです。

インデックスファンドとは、特定の運用指数(ベンチマーク)に沿った動きを目指すファンドのことです。

※ベンチマークとは、運用の評価基準となる指数のことです。例えば、eMAXIS Slim 米国株式(S&P500)の場合、S&P500というベンチマークに連動して評価額が決まっているわけです。

さて、なぜこの3商品が平均リターン3%〜5%で見積もれているかと言うと、例にS&P500のチャート指数を参考にするとわかります。

S&Pチャート指数

引用:TradingView 2020/07/03時点のチャートより

上記のように、S&P500のチャートは少しづつ右肩上がりとなっていますね。

そして過去の実績を表にまとめたのが以下です。

S&P過去実績

引用:my index より

上記のように、20年ではリターンが5.9%となっております。

私は30,000円を毎月つみたてているので、これを20年間、平均リターン5%で運用すると大体1,200万円ほどになります!

このように過去20年で計算すると、+5.9%となるデータがあるため、安心して運用することができるのです。




 

4ヶ月目の運用成績まとめ

今回は4ヶ月目の実績をまとめてきました。

今月もいまだにマイナスでしたが、先月までのマイナス分からは多少回復していましたね。

つみたてNISAは20年間という長期間運用する制度なので、このようにマイナスとなってしまうような時期が必ずきます。

20年間上がりっぱなしというのは考えづらいですよね(笑)

しかし、これまでの平均リターンでも紹介したように、長期的にみると安定した資産形成が可能となっています。

コロナショックによる暴落に一喜一憂せず、たんたんとつみたてていこうと思います。

つみたてNISAは少額からつみたてることが可能なので、まずはお試しで月々1,000円などからでも始めてみてはいかがでしょうか。

↓次回の運用成績報告はこちらからどうぞ!↓

【つみたてNISA】5ヶ月目(2020年5月15日まで)の運用成績を公開!
こんにちは。あじふらい(@ajifri_blog)です! 今回は実際につみたてNISAを運用してみて、5ヶ月目の成績を公開していきます。 4月までは、いまだリターンはマイナスとなっていたものの、NYダウ過去最高反発などもあり、か...

コメント

タイトルとURLをコピーしました