【つみたてNISA】おすすめネット証券会社トップ3!自分に合った証券会社を選ぶポイント紹介

証券会社えらびつみたてNISA

こんにちは!つみたてNISA運用中のあじふらいです!

当記事ではつみたてNISAを始めようと思っている投資初心者のためにおすすめの証券会社を紹介していきます。

まず、つみたてNISAを始めるためには下記のような手順を踏む必要があります。

                つみたてNISAを始める手順

1、つみたてNISAを始める証券会社を決める
2、つみたてNISAの口座開設
3、投資する商品選び
4、つみたて金額を設定

今回は上記1の証券会社を選ぶ段階の説明ですね。

証券会社ごとの特徴やおすすめポイントを考慮した上で、皆さんにおすすめの証券会社をトップ3にまとめました。

自分に合っている証券会社はどれなのか、是非参考にしてみてください!




 

第1位:楽天証券

  • 楽天ユーザーにおすすめ

楽天証券では、楽天銀行と口座連携する「マネーブリッジ」に申し込み、「ハッピープログラム」にエントリーすると、残高に応じて楽天スーパーポイントを受け取ることができます。

また、つみたて金額の引き落としを「楽天カード」のクレジットカード決済にすると、毎月のつみたて金額の1%を楽天スーパーポイントとして受け取ることができます。

  • 楽天ポイントでつみたて可能

上記で説明した楽天スーパーポイントを使って毎月の購入金額を支払うことも可能!さらに楽天市場での買い物に利用することができます。楽天ユーザーにとってはかなりお得な制度と言えますね。

  • 取り扱い投資信託数が豊富

つみたてNISAで金融庁が定めている商品は182ありますが、そのうちの159もの商品を楽天証券で購入可能!(2020年7月16日現在) これはつみたてNISAの口座を開設できる証券会社の中でも多いです。

  • 毎月つみたてと毎日つみたてを選べる

毎月つみたてをできることは当たり前ですが、「毎日つみたて」を選択することも可能です。「毎日つみたて」を選ぶとより細かく”時間分散投資”をすることができるため、リスク分散という点で最強のつみたて法と言えます!また、100円からのつみたてを選択することも可能であり、初心者にも優しいですね。

 

私も現在楽天証券で毎月30,000円をつみたてNISAに投資していますが、中でも魅力的なメリットはやはり楽天ポイントが貯まるということですね。

このポイントで楽天市場で買い物もできますし、貯まったポイントで毎月の購入金額を支払うことができるというのは一番実感しやすいメリットです。

また、楽天証券だと日本経済新聞を無料で読めるというメリットがあります。これはサラリーマンの方には嬉しいのではないでしょうか。日本経済新聞は毎月4,000円近い購読料を支払わなければなりません。この費用を節約できるのはお得ですよね!

 

楽天証券の口座無料開設は「こちら←」から

第2位:SBI証券

  • Tポイントが貯まる

SBI証券でつみたて投資をしていると、「Tポイント」を貯めることができます。Tポイントユーザーにはお得な制度ですね。もちろん、貯まったTポイントをつみたてNISAの毎月の購入金額に充てることも可能です!

  • 取り扱い商品数が最多

SBI証券では、つみたてNISAで選べる商品数は161あり(2020年7月16日現在)、これはつみたてNISA口座を開設できる証券会社の中では最多となっています。また、100円からの小額投資も可能です。

  • 毎月つみたて、毎週つみたて、毎日つみたてが選択可能

SBI証券では、「毎月つみたて」に加え、「毎週つみたて」「毎日つみたて」が可能となっているため、自分の生活スタイルに合わせて時間分散投資をすることが可能となっています。

私はSBI証券で口座開設していませんが、最後まで楽天証券と迷った証券会社です。

楽天証券との違いについては、Tポイントが貯まること、毎週つみたてを選択できることでしょう。

取り扱い商品の豊富さなどもあり、ネット証券の中では口座開設数がNo1の最大手となっています。

自分はTポイントユーザーだ!という方は迷わずにSBI証券で口座開設したほうが良いですね。

 

SBI証券での口座無料開設は「こちら←」から




 

第3位:マネックス証券

  • マネックスポイントが貯まる

マネックス証券でつみたてNISAをしていると、つみたて金額に応じて「マネックスポイント」が貯まります!このマネックスポイントはAmazonギフト券やJALやANAのマイルなどの様々なポイントに換えることが可能です。しかし、貯まったマネックスポイントを毎月のつみたて金額に充てることは出来ないので注意が必要です。

  • 取り扱い商品が豊富で毎月100円からつみたて可能

マネックス証券も毎月100円という小額投資が可能です。取り扱い本数も150と、かなり豊富になっています。

  • 自動で銀行から定期入金ができる

マネックス証券には「銀行de自動つみたて」という機能があり、毎月27日に自分の定めた金融機関から自動入金することが可能となっています!一度設定してしまえばわざわざ入金する必要がないので、忙しいサラリーマンや主婦の方でも気軽に出来ますね。

マネックス証券もマネックスポイントを貯めることができるため、かなりおすすめです!

注意が必要なのは、上記2社とは違い、たまったポイントをつみたて金に充てることができないという点ですね。

また、現在は毎月つみたてしか利用することは出来ませんが、2020年秋から毎日つみたてを行うことが可能となる予定です!

つみたて金額も100円から可能なので、無理せず資産作りが出来そうですね。

 

マネックス証券での無料口座開設は「こちら←」から




 

おすすめ証券会社トップ3まとめ

当記事では、つみたてNISA口座を開設するべきおすすめ証券会社トップ3を発表してきました。

1位は楽天証券、2位はSBI証券、3位はマネックス証券です。

どの証券会社も独自のポイントを貯めることができることがミソとなっていますね。

つみたてNISAは20年という長期運用が可能となっているため、20年後に後悔しないような証券会社選びをしましょう。

それではまた。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました