【つみたてNISA】6ヶ月目(2020年6月15日まで)の運用成績を公開!

tumitatenisa-six-monthつみたてNISA

こんにちは。あじふらいです!

今回はつみたてNISAを始めて6ヶ月目までの運用成績を公開しようと思います。

2019年12月から始めたつみたてNISAももう半年が経過しました。

早いものです。

先月まではコロナショックの影響を受けてトータルリターンはマイナスとなっていましたが、少しづつ回復へと進んでいました。

今月はプラスマイナス0くらいまでは回復していて欲しいですね〜

あじふらい
あじふらい

さっそく確認してみましょう!

 

つみたてNISAに興味はあるけど、

  • 実際に運用している人の運用成績が知りたい!
  • どの商品を購入しているか知りたい!

という方は是非参考にしてみてくださいね。




 

つみたてNISA6ヶ月目の運用成績(−3,874円、−2.583%)

 

2020年6月15日の評価額合計:146,126円

投資額合計:150,000円

損益:−2.583%

前回と比べるとかなり評価額が回復してきました!

これはもうコロナショックから立ち直ったと言っても良いでしょう。

一時は損益が−29%となっていましたからね(笑)。

損失が出ていても一喜一憂せずにつみたてを続けてきた結果だと思います。

つみたて投資は時間をかけるほど複利の効果が増しますからね。

それにしても今年いっぱいはコロナショックから立ち直ることはないだろうな、と予想していましたが思ったより早く回復しました。

嬉しい誤算です。

 

トータルリターン6ヶ月目

6月15日時点での保有商品ごとの時価評価額はこちら

・楽天・全世界株式インデックスファンド:48,647円(−1,353円)

・eMAXIS Slim 先進国株式インデックス:48,596円(−1,404円)

・eMAXIS Slim 米国株式(S&P500):48,883円(−1,117円)でした。

 

6か月目の値動きとその要因

1日ごとの値動きはこちら

6ヶ月目の値動き

上記のグラフを見ての通り、6月8日時点では評価額は156,456円と、3ヶ月ぶりに評価額はプラスに転じていました。

しかし、6月12日にNYダウはガクッと下がり、一気に150,000円を下回っています。

この日NYダウは1800ドル近く反落し、その要因はコロナウイルスの第2波警戒から来るリスク回避でした。

アメリカでは一時、経済活動再開に向けて株価が上昇していましたが、経済活動を再開した州から徐々に感染者が増え始め、感染の再拡大が懸念されたようです。

NYダウ1800ドル安:「第2波」懸念、下げ幅史上4番目

引用:日本経済新聞

まだまだコロナショックによる経済へのダメージは続きそうですね。

 

実際に購入している投資信託

ここからは私が実際に楽天証券で購入している商品について紹介しようと思います。

  • 楽天・全世界株式インデックスファンド
  • eMAXIS Slim 先進国株式インデックス
  • eMAXIS Slim 米国株式(S&P500)

 

・全世界株式インデックスファンドとは、この商品1つを買うだけで先進国、新興国、の全ての株式に幅広く投資ができる商品のこと

・先進国株式インデックスとは、新興国を除く世界主要国の株式に投資ができる商品のこと

・米国株式(S&P500)とは、米S&P ダウ・ジョーンズ・インデックス社が提供する、米国の主要な上場企業500社にまとめて投資ができる商品のこと

 

私は上記3つをつみたてているのですが、その理由は

  • 管理手数料が安いこと
  • 純資産総額が高く、多数の投資家から選ばれている商品であること

という理由です。

 

つみたてNISAには手数料が各商品ごとに設定されており、これが「信託報酬」と呼ばれるものです。

この信託報酬はつみたてNISAを運用している期間引かれる手数料となるため、なるべく低いものを選びました。

 

また、私が選んだ商品は総じて「純資産総額」が高いものを選んでいます。

jyunsisan

この「純資産総額」は何かというと、この商品にどれだけ投資家が資金をつみたててきたかを表すものであり、規模の大きさを測る指標であると言えます。

この純資産総額が大きければ大きいほど、投資家から選ばれるだけの理由があり、良い商品であると判断できます。

私が選んでいる上記3商品はいずれも手数料が低く設定されており、純資産総額も右肩上がりに増えている商品です。

投資初心者の方はどの商品を選べば良いか悩む人も多いと思いますが、実は選ぶポイントは簡単で、それさえ抑えてしまえば悩む必要はありません!

この商品選びについては下記の記事で詳細を書いていますので、是非参考にしてみてください!

【つみたてNISA】2020年版 おすすめ商品ランキングトップ3!
こんにちは!つみたてNISA運用中のあじふらいです。投資の初心者でも安定した資産を築けるよう、長期にわたり分散・つみたて投資ができる制度として誕生したのが「つみたてNISA」このつみたてNISAで購入できる商品は全て金融庁が定めた厳しい基準




 

つみたてNISA6ヶ月目まとめ

当記事ではつみたてNISA6ヶ月目の運用成績について紹介してきました。

6月15日時点ではマイナスとはなっていますが、一時は含み益もあり、コロナショックから立ち直ったと言って良いでしょう。

しかしNYダウが史上4番目の差げ幅を記録する日があるなど、まだまだコロナの影響は続きそうです。

それでも過去の実績を見ると私が購入している商品は安定したリターンを期待することができます!

よかったら参考にしてみてくださいね。

↓次回の成績報告はこちらからどうぞ!↓

【つみたてNISA】7ヶ月目(2020年7月15日)までの成績報告。ようやくコロナの影響から抜け出しました!
こんにちは!あじふらいです。 当記事ではつみたてNISA7ヶ月目の運用成績を報告していきます。 つみたてNISAに興味はあるけど、 実際に運用している人の運用成績が知りたい! どの商品を購入しているか知りたい! ...

コメント

タイトルとURLをコピーしました