〜つみたてNISAでは物足りなくなったあなたへ〜おすすめ投資を紹介!

tousisintaku-tumitatenisaあじふらいの雑談

毎月つみたてNISAに30,000円運用中のあじふらい(@ajifri_blog)です!

私は昨年12月からつみたてNISAを運用しているのですが、最近思うことがあります。

それが、、

あじふらい
あじふらい

もう少しつみたて額を増やしたい!

ということです。

しかしつみたてNISAは年間の投資額の上限が40万円と定められています。

これ以上つみたてNISAでは運用できないんです、、

そこで当記事では、もっと投資を楽しみたいけど、つみたてNISA以外におすすめの投資は何があるの?という疑問をお持ちの方におすすめの投資を3つ紹介していこうと思います!




 

SBIネオモバイル証券



まずおすすめするのは「SBIネオモバイル証券」です。

ネオモバイル証券がどんなサービスなのかというと、通常10〜100株単位でしか購入不可能な国内株を、1株から購入可能なネット証券です!

私はつみたてNISAで海外株式(S&P500全米株式など)しか運用していなかったので、国内株式を少額で購入可能なネオモバイル証券はとても魅力でした。

「株」と聞くと「難しそう、、」「多額の資金が必要」というイメージがありますが、ネオモバではそんなことはありません。

20代から30代の若者に特に人気のあるネット証券なんですよ!

 

魅力1:小額から購入可能

先ほども言いましたが、ネオモバでは1株から購入が可能なため、500円でも有名企業の株を購入することができます。

例えば、2020年11月26日時点での500円以下で購入可能株式は下記の通り

neomoba-kounyukanou

SBIネオモバイル証券:ネオモバの魅力より引用

有名な企業がたくさんあります!

お菓子を買うような価格で株を買うことができるため、気軽に始めることができます!

 

魅力2:手数料がわかりやすい

投資と聞くと手数料を気にする方が多いと思います。

が、ネオモバの手数料は明確でわかりやすく、月額220円です!

月額220円で何度でも取引可能なので、手数料を気にする必要がないですね。

※注意!:購入していない月でも220円の手数料がかかってしまいます!



 

魅力3:Tポイントを使って購入可能

neomoba-tpoint

ネオモバは現金だけではなく、Tポイントを使って株を購入することができます。

1Tポイントにつき1円として購入可能。

Tポイントユーザーとしては嬉しいですよね!

現在持っているTポイントをネオモバと連携することができるので、ポイントが余っているという方は是非。

 

また、「期間固定Tポイント」として、毎月200Tポイントが付与されます。(月額利用が1〜50万円までの場合)

ということは、上記で説明した通り毎月の手数料が220円なのですが、実質は20円ということになります!

しかし、この「期間固定Tポイント」は株の購入にしか利用できないので、ご注意ください。

 

ネオモバのデメリット

ここからはネオモバのデメリットについて紹介していきます。

ネオモバのデメリットは主に2つあり、

  • 購入していなくても月額手数料220円がかかる
  • 国内株式のみ(海外株式には投資できない)

です。

利用しない月があっても、手数料だけが取られてしまうのはデメリットだと言えます。

また、最近流行りの米国株投資など、海外の株は購入できませんよ!

 

iDeCo

2つ目のおすすめは「iDeCo」です。

iDeCoとは何か簡単に説明すると、個人でつみたてる年金のことです。

毎月設定した額をつみたてて、60歳になると受け取れます(注意!:60歳にならないと受け取れません)

投資対象は投資信託・保険・定期預金です。

 

iDeCoの魅力

iDeCoの魅力は主に3つ!

  • 税金が安くなる
  • 運用益に税金がかからない
  • 順調にいけばつみたてた金額以上を受け取れる

 

iDeCoで毎月つみたてる金額は全額所得控除の対象となります。

そのため、所得税や住民税の計算時、iDeCoでつみたてた金額を差し引いた金額を課税対象とするため、税金が安くなるのです!

また、投資信託などでは運用益が課税対象となるのですが、iDeCoは課税されることがありません。

老後資金を効率よく貯めることができるんです!




 

iDeCoのデメリット

iDeCoにはもちろんデメリットもあります。

主なデメリットは2つあり、

  • 60歳まで引き出せない
  • 運用に手数料がかかる

です。

やはり1番のデメリットは60歳まで引き出せないことです。

そもそも老後資金を確保するための制度なので引き出せなくても当然なのかもしれませんが、人生何が起こるかわからないもの。

いざというときに引き出せた方が安心ですよね。

また、iDeCoは開設時と運用時にそれぞれ手数料がかかることがデメリットと言えます。

 

iDeCoについては下記の記事で詳しく解説しているので、ぜひ参考にしてみてください!

404 NOT FOUND | あじふらいの投資ブログ
〜タネ銭が少なくても投資はできる〜

投資信託

tousisintaku-horse

最後は「投資信託」です。

私はつみたてNISA以外の投資として、結局これを選びました(笑)

投資信託とは、個人(投資家)から集めた資金を投資のプロが運用し、得た利益を個人へ還元するというサービスです。

投資信託を選んだ理由は3つ、

  • 米国株、国内株どちらにも投資可能
  • 長期・分散・つみたてという原則に則って運用可能
  • いつでも解約できる

です。

私が新たに購入した投資信託は下記の通り、

tousisintaku-jissainikounyu

ひふみプラスとeMAXIS Slim 米国株式(S&P500)を買いました!

毎月5,000円ずつつみたてる予定です。

今まで国内株式を運用したことがなかったので、ひふみプラスには魅力を感じていたんですよねえ。

また、eMAXIS Slim 米国株式(S&P500)はつみたてNISAでの成績の良さから投資信託でも運用してみようと思いました!

この2つを長期保有することによって国内株と海外株の運用益の違いも紹介できそうです!

 

この2つを選んだ理由については下記で詳しく紹介しているので、ぜひ見てくださいね。

投資信託買い増ししました。投資対象は米国株(S&P 500)とひふみプラス!
こんにちは!あじふらい(@ajifri_blog)です。 毎月30,000円をつみたてNISAで運用している私あじふらいですが、今月から新たに投資信託を2つ購入しました! つみたてNISAだけだと物足りなくなってしまったんですよ...

 

投資信託のデメリット

私は投資信託を選びましたが、デメリットで悩みました。

それが、運用益に課税されることです。(20.315%)

つみたてNISAでは運用益に課税されることはありません。

 

20%は大きいなあ〜どうしようかな。

と思っていましたが、海外株に投資できることと、いつでも解約できることから、投資信託を選びました!

 

まとめ

つみたてNISAでは物足りなくなった方は、

  • SBIネオモバ
  • iDeCo
  • 投資信託

がおすすめです!

どの投資にもメリットとデメリットがあり、完璧な投資なんてありません。

自分の目標や投資スタイルに合わせてどれが最善か選ぶようにしましょう!

投資初心者の参考になれば幸いです😌

それではまた!




 

コメント

タイトルとURLをコピーしました