貯金を作るシンプルな考え方…実は2つしかありません!

貯金ゼロ生活情報

こんにちは!あじふらいです。

今回は貯金をするためのシンプルな考え方について紹介していこうと思います。

貯金は心にゆとりを持たせてくれたり、突然の出費にも対応できたりと、生活する上で必要なものですよね。

しかし、必要だと分かっているのに実は貯金ゼロの人たちがたくさんいるのです。

なぜ必要だと分かっているのに貯金ができないのでしょうか?

最初に結論を言ってしまいますが、貯金をするには収入を増やすか、お金を使わないようにするかの2つの方法しかないです。

「そんなの分かってるよ!(怒)」と思った方、実はそんなに単純ではありませんよ。

当記事では、貯金に必要な考え方について書いていこうと思います。




 

貯金ゼロの割合は??

冒頭で貯金ゼロの方がたくさんいると書きましたが、実際はどれくらいの割合なのでしょうか。

金融広報調査委員会が行った「家計の金融行動に関する世論調査」によると、金融資産を持っていない割合は

  • 単身世帯だと38%
  • 2人以上の世帯だと23%

もいるのです。平均すれば3人に1人の割合です。

ここでいう金融資産とは預貯金以外にも生命保険や投資信託なども含まれます。

そのため、毎月の給料で何とかやりくりして生活している、いわゆる「火の車」状態の世帯がこれだけいるというわけです。決して少なくない数字であることが分かりますね。

 

そしてこの数字は若い世代だから貯金がない、というわけではないんです

年代別の貯金がない人の割合を見てみると

単身世帯

20代30代40代50代60代
45%36%40%37%29%

40代が40%は高いですね。一般的には年齢が上がるにつれて年収も上がるため、貯金ゼロの割合は減るように思えますが、そうではないようです。

 

2人以上の世帯

20代30代40代50代60代
22%15%18%21%23%

単身世帯に比べるとだいぶ貯金ゼロの割合が少ないことが分かります。1人で生活しているわけではないので、お互いに貯金をしようという意識が高いのでしょうか。

それでも、平均すると5人に1人は貯金ゼロという割合になります。

 

「年代別じゃなくて年収別じゃないと貯金ゼロの割合は当てにならないでしょ」と怒られそうなので年収別の割合も見ていきましょう

単身世帯

300万円未満300〜500万円未満500〜750万円未満750〜1000万円未満1000〜1200万円未満1200万円以上
42%28%15%4%0%11%

年収が上がるごとに貯金ゼロの割合は減っていますが、500〜750万円未満でも15%の方が貯金ゼロなんですね。さらに1200万円以上になるとなぜか11%へ増えています。

 

2人以上の世帯

300万円未満300〜500万円未満500〜750万円未満750〜1000万円未満1000〜1200万円未満1200万円以上
39%20%13%9%10%5%

単身世帯では1000〜1200万円未満の貯金ゼロの割合は0%でしたが、2人以上の世帯になると10%へ上がりました。この年収にもなるとローンも組みやすくなるため、貯金に回すお金が減ってしまうのでしょうか。

 

家計の金融行動に関する世論調査[単身世帯調査]

家計の金融行動に関する世論調査[二人以上世帯調査]

引用

 

貯金に必要な考え方1:収入を増やすだけではダメ

一般的に収入が上がると貯金できる額が増える、と考えること自体は正しいことです。

しかし、年収別の貯金ゼロの割合でも示した通り、年収が高くても貯金できていない方はたくさんいるようです。

それはなぜでしょうか?

答えは、収入に合わせて支出も増えているからです。

年収が300万円だったときは家賃7万円の家に住んでいたが、年収が500万円になったから家賃10万円の家に引っ越しちゃった!なんて人や、年収が上がったので車を購入して電車通勤やめました!(自動車ローンで購入)なんて人が多いからです。

このような人は「あればあるだけ」使ってしまう人ですね。これではお金が貯まるわけないです。

さらに、一度ローンを組んでしまえば、もし今回のコロナショックの影響で収入がガクッと下がってしまった、という方は貯金を崩すしかないです。

そのため、少し収入が増えたからと言っても、自分のレベルに見合った生活をすれば良いだけのことです。

見栄やプライドから支出を増やすことはやめましょう。

 

貯金に必要な考え方2:支出を見直す

冒頭でも述べましたが、貯金をするためにはお金を使わなければ良いです。

しかしこれができない人がたくさんいるのが事実。それがなぜかというと、支出を把握していないからです。

あなたは何にいくら使っているのか、きちんと把握していますか??

自分が何にいくら使っているか把握していれば、削るべき支出が見えてきます。

例えば、毎月の通信費10,000円は高いなあ。とか、毎週の飲み会にこんなにお金を使っていたんだ、など把握することができます。

今は便利な家計簿アプリがあるため、使ってみることをお勧めします。実際に、家計簿アプリを使っている人の方が貯金がたまりやすいというデータもあるようです。

そして支出を把握することができたら、少しづつで良いので無駄な支出を減らしてみてください。

下記の記事に減らすべき固定費をまとめています。ぜひ参考にしてみてください。

お金持ちになるための近道!?今すぐ見直すべき固定費5選!
新型コロナウイルスの影響で収入がガクッと下がった、、 生活が苦しい、生活費が払えない、といった声を最近多く聞きます。 この機会に家計の見直しをしてみようかなあと思っていても、「使っていないコンセントを抜く」程度の節約ではあまり効...




 

手っ取り早く貯金をする方法:つみたてNISAを活用する

最後に、手っ取り早くお金を貯める方法を紹介します。

ここまで見てきて、もう目をつぶりたいよ、、という方や正直めんどくさいなあという方もいるでしょう笑

そんな方は貯金感覚で投資ができるつみたてNISAを検討してみてはいかがでしょうか。

つみたてNISAとは、少額から可能な、国が推奨している資産形成制度です。

このつみたてNISAでは自分が設定した額を自動引き落としできるので、生活に無理なく貯金をすることができます。まずは少額からでもいいので始めてみたいという方は月々1,000円からでも可能ですよ!

さらに、つみたてNISAでつみたてた金額はいつでも引き落としが可能なのでいざお金が必要になった時でも安心です!

【知っておきたい!】つみたてNISAって何?メリット・デメリットを教えて!
こんにちはあじふらいです! 知っていますか?最近つみたてNISAの口座開設をしている人が急増しているんです。 金融庁の発表によると、2020年12月末時点では302万8259口座となりました。 つみたてNISAと聞...

 

日本人は貯金が好きなイメージがありましたが、実は貯金ゼロの方がたくさんいるということが分かりました。

貯金は日々の支出を見直してみるだけで簡単にできるものです。少しずつ支出を減らすことさえできれば自ずと生活に余裕が生まれて貯金もできるようになるでしょう。

現在貯金ゼロで悩んでいるという方はまずは1ヶ月分の生活費を目標に貯めてみてください。貯金があることがこれほど心強いと思えるはずです。




 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました